2017年11月20日 (月)

YDS3-後期1966年 復活を夢見て その五 

Pb190152 あれから、3か月。調子のよさそうな感じでしたが、その後クラッチが摩耗して・・・エンジン始動できませんでした。クラッチをハンドメイドして、タイヤ交換に他で、12万掛けたそうです!!!
 で、現状の話を聞くと、走行中に白煙モクモクで、6V仕様のバッテリーが弱ってきているとの事。診断に行きました。
 アイドリンク時には綺麗な排気ですが、4000回転くらいから凄いです。こては、メインジェット番数を下げて交換でしょうか。でも、廃番のキャブのパーツあるかな?
 次に、ACジェネレーターは交流12Vあり生きています。では、その先のレギュレーター(ADからDに変換器)をテスターでチェック。交流12Vは来ていますが、出力DC(直流)は6.4V!!!因みに、エンジン掛けても、ボルト変わらず。これってバッテリーの電圧ではないの?つまり、レギュレターが死んで作動していないわけです。これはもう、交換しかありません。しかし、ボックス型であまりに古いので、ヤフオクで見つけました。6V汎用品で、使えそうですが?
9  オーナーに聞いて、OKなら交換してみようかな?Cocolog_oekaki_2017_10_14_21_38

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月13日 (月)

キック一発CBR250FOUR ブラック 5最終回 4連負圧調整

最後に、CBR250FOURの4連負圧【バキューム】調整です。これって、結構大事ですね。動画にしました。

この後、不協和音も無くエンジンは一発で掛かっています。吹き上がりは、最高ですね!!!
さー、これからどうしょうCocolog_oekaki_2017_10_14_21_38

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キック一発 CBR250FOUR 1986 ブラック 4 こまごま

細かい所、直しました。カウルシールド磨きです。リベットをニッパで切って、代わりに4㎜ねじにします。
Pb090061Pb090065 Pb090064Pb090069 このシールドを、はじめクレンザー、次にコンパウンド細目・中目・極細で仕上げます。
Pb100096 Pb100097 綺麗になりました。
Pb100103 次は、カウルの埋め込みナット割れの修理。エポキシと針金で、補強しました。
Pb090068 エンジンハンガープレート・タンデムステップ・サイドバーの塗装。
Pb100093_2Pb100094Pb100099_2 Pb100100   リヤのテールカバーの修繕。インチネジにてOK.
Pb110064外観は終了です。次回は負圧調整です。Cocolog_oekaki_2017_10_14_21_38

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 9日 (木)

キック一発 CBR250FOUR 1986 ブラック 3

さて、16mmプラグレンチ。このプラグレンチの自作は、ロウ銀にフラックス塗ってみましたが、トーチで炙っても駄目でした。自作失敗です。

Pb030105

そこで、ネットで2個購入するも、10cmには届かず、知り合いの「大島オート」で、16mmレンチの8/3ソケットを夕方に借りる事にした。借りたソケットは、ゴムが緩くてプラグは引っ張り出せません。こんなところで、ゴム板で自作です。写真下の物。

Pb030110 8/3レンチを購入して、大小セットのアダプタも百均にて急ぎ購入しました。

P1130102

さー、これで準備OKです。まずは、ラジエター外して、お借りしたレンチで各プラグを抜いてみました。狭い所だねー。P1130105

Pb030116

試しに、セルにて空回しすると、4気筒目のプラグ穴から残っていた燃料が噴出。
こいつがウオーターハンマーになったんだと、理解出来ました。つまり、オーバーフローって事だ!ではキャブ綺麗にしないと。で、4番キャブを見たが異常なし。

P1130115  で、組直して点滴燃料にてセルを回そうとしてら、キャブ共通ドレンからじゃじゃ漏れです。また、キャブです。インシュレーター大丈夫???

P1130114 今度は、慎重に掃除して取りけました。そして、プラグの点火をチェクしたら、不発!それも4つとも不爆です・・・!!!。「えっ、これって電装系ねの?」

P1130097 こうなったら、バラスしかない!!!これ、取り外した物です。電装系のチェックは、イグニッションコイルやスターターマグネチック・・・、ジェネレーター・スパークユニット・バッテリーにバッテリボックス。ついでにスターターモーターもバラシて分解清掃。

Pb050190おー、汚れてますねー。ラジコンのスターターと同じだ―。 Pb050191 当然電装カプラを外して綺麗に。

Pb060196ラジエタータンクも外した。Pb060198みんな綺麗に!

Pb060197

スイングアームの錆を落として、エンジンハンガープレートも黒塗りしました。

P1130111 P1130121 最後は、周りの汚れも綺麗にし、テール周りもバッチリ行った。ここに薄いBOX発見です。

P1130112 そして、組み立てです。

Pb060195 点滴液面、一晩おいて若干だが下がりました。が、ごく僅かなのでOKとしました。

Pb040140 各プラグの点検をして、プラグのスパークを確認。いけそうですー。

そこで、初心に帰って、OIL・ラジエター液・点滴燃料セットし、スターターON。

ウン、なんか掛かりそうです。あっ、掛かりました。多分、初爆の時はキルスイッチONで有ったのに気づかず、その後OFFでセルのみ回していた事になります。今回は、キルスイッチがONになっていました。テスターでチェックしたときにONにしていたようです。

随分、遠回りしてしまったな―。昔はキルスイッチなんて無く、GBやYDS3にも無かったなー。しかし、いろいろ勉強になりました。

因みに、エンジン掛けると、バッテリー12.5Ⅴが14.5V~15.00Vになり、ジェネレーター生きています。

この時の様子が、冒頭の動画です。この時の異音は、カウル周りから出ていました。エンジンではありません。アイドリングが安定していなかったのは、2番が途中から不発でした。エキパイを触って分かりました。当然素手ではありません。

スパークするも、プラグが奇麗なので、燃料が行ってない!!!またキャブのお掃除です。気になるフロートバルブの汚れ。燃料チューブから息を吹くと、わずかに漏れる音が・・・。それも4個共です!そこで、今度はフロートバルブのシート面を、クレンザー付けた耳かき棒で擦り合わせ?シコシコ磨いて垢を落としたら、息を吹くとシッカリ止まったようです。良かった。

再度、スイッチON。今回は4発とも熱いです。アイドリングも良好です。

今回は、北風強いので、バキューム同調調整は中止です。それに、細かい修繕箇所、いろいろとあります。

では次回にCocolog_oekaki_2017_10_14_21_38

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月30日 (月)

   雁の子会 2017,10,28 アサヒ22Fにて無事終了

Pa280084

詳細は、下記ブログでね。


雁の子36名、みんな集合!、 上記の会更新しました。
YYシスターズ 雁の子会 ページを捲って2017.10.28:http://blog.goo.ne.jp/kannreki_60_sai

          来春も、予定していますよfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月27日 (金)

キック一発 CBR250FOUR 1986 ブラック 2

Pa270072

シートを替えました。
Pa140048 Pa170015バンドは、塗り直しです。良い感じ。 Pa190040 キャブを分解(O/H)です。エアークリーナー、綺麗でした。その下にキャブです。
Pa150056 これを外すと、4連キャブ。
Pa150059 取り出しました。重いです。 Pa160075
フロートチャンバーを開けて、お掃除です。充分綺麗でした。フロートやジェット類を外してメンテです。
Pa160077Pa160084
パッキン潰れていましたので、交換です。
Pa160078 左から、一番・二番3.4となります。向きが逆ですね。
Pa160082 パッキンを新品に。
Pa190014組みます。パイロットスクリュウーは2回半戻しです。
Pa190015 3番に合わせて、スロー開度を同じにしました。
カウルの破損個所の修理。後で100ショップのスプレーで仕上げました。
Pa150063 Pa170016 ラジコンの技術が生きたー。ついでにナットの頭もピカピカに。
Pa180035 一応エンジンコックもばらす。ドレン綺麗です。
右のニップルは、エンジンからの二次気圧を入れて、脈動式の様です。昔のYS60みたいだ。必要以上に、流れない!問題なし。
Pa150053 タンクは左に凹みと傷です。
Pa160088例の百均のクールガンで、引っ張りました。えくぼが2個残った。
後日シールを作って貼って、その後は…未定です。他は、すっごく綺麗。 Pa190013電装系です。メータ類綺麗で、良いですね。 Pa180036配線接続部分のカプラーに、これを一吹き、配線コードも綺麗にしました。Pa180037 Pa190045ココも綺麗にしていたら、イグニッションコイルからのプラグコードの位置が・・・分からなくなった Pa200023マニュアルで、確認。 Pa200033これで元に戻ってO、K.綺麗になったでしょ。
Pa200038 で、問題のプラグ。10㎝と深いです。もっか、16㎜プラグレンチのロングを自作予定です。
Pa200037フロント部分の確認。どんどん外す。
Pa170097_2 Pa170098_2ボトムケース、見た目程汚れていません。あとで、バスマジックリンです。Pa170100_2
ハンドル・フォークネジを緩める前に、トップキャップを緩めて、ディスクキャリパーはピンネジを緩めて、パッドねじを本体から外す。 Pa180032 Pa180031そして、スルーっと抜きます。錆わさびなし。ラッキー。Pa180033 ダストシールにはヒビが・・・。オイルシールにオイルそのものは綺麗です。油面も同じでした。スプリングもね。
Pa180034
Pa180026 Pa180028 Pa180027 ディスク3.6㎜。ギリギリ使用可能かな?
Pa180038ホイールもここまでしか、綺麗になりません。残念!Pa190042
ダブルディスクです。両方とも、パッド充分ありました。部分分解しました。
Pa200005Pa260086綺麗になりました。 Pa260088ついでにラジエターとファンを見る。
Pa200022 ラジエターコアは綺麗です。モーターはMITUBAのMP-3.
Pa200009 ばらして、12Vバッテリで回りました。買うと12600円だそうです。センサー大丈夫かな?始動後に、チェックです。
Pa200011 Pa200017 エンジンは、始動確認できたので、後はプラグの点検待ちです。 ラジエター外したついでに、ヘッドを、少し磨きました。
Pa190051Pa200024 Pa200029 ついでに、フロントスプロケも開けて見た。汚いです。これは、細いドライバーで掻き出しで、ブラシでゴシゴシ。
Pa190048Pa190049Pa190056 カバーは、マジックリンに漬けて、分解掃除。
Pa190055 内側の金側板は、サンポールで綺麗に・・・なっちゃいました。
Pa200027 Pa200028蓋をしてみました。綺麗! Pa200030 と、エンジン左に、傷が気になった。
Pa190043耐水で磨いて、百均スプレー。ちょっとあしゃれにHONDAもロゴを磨いて、ラジコンの耐グロークリヤー吹いで仕上げます。
Pa190046 Pa190047 21号が去ったので、次は組み立てです。Pa260092 Pa260093 Pa260094 エンジン点火。
入念にチェック後に、スターターON。うん!!!かからん。が負圧式の脈動ポンプなので、試しにちょっと燃料チューブを吹いてみた。そしてセルを何度も回すも、最後にコンと音がして、飲み過ぎのウォーターハンマー???やべーぞー。今さながらの後悔の念。でも、不発でセル回しだから、大丈夫かなー。
心配しつつも、つくづく思うので有ります。だから、プラグレンチ有れば、と。
絶対に、レンチ自作するぞー・・・Cocolog_oekaki_2017_10_14_21_38

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

パトライトをカンテラにしちゃいました

Pa240052  
縁あって?パトライト貰っちゃいました。が、フォークリフトも当然ありませんし、使い道がありません!どうしょう?

でも、一度は点灯させてみようとしたら、胴体のしたからプラスとマイナスのコードが、むき出しです。うん!これってなんボルトなの?ネットで調べたら、100v・24v・12vとありました。型式を見たら12Vでした。「なーんだ、車のバッテリーなのかー」と、納得です。
で、よく考えたらACアダプタを付ければOKだなと考え、パソコンのアダプタを探すと、サムスンモニター用が、12V4Aではありませんか。もしやと思い接続です。夜にバイクのバッテリ外しに、AC100vで結果オーライでした。
Pa240041
しかし、くるくる回ので改良です。回転モーターの配線を外して、炬燵のスイッチを配線途中に繋げて見ました。
Pa240042_2いい塩梅デス。あとはこの色ですね。そこで、プラカバーに窓を開けて見る。
Pa240047 ドリルで穴をあけて、ニッパで切って、やすりで適当に丸くする。
Pa240050 こんな感じになります。
Pa240051 百均で、プラスティックホルダーを買って来て、適当に切って、瞬間で接着です。内側からくっ付けて、外の段差はニ液のエポキシで仕上げました。
Pa250066 Pa250067 完成です。
Pa250068 足にはゴムをはかせて置いてもOK、手持ち式に針金で吊るす事も出来ます。実際には、こうなりました。コロもビックリです。
Pa250070 Pa250071 超強烈です!
Pa250072 さて、どんな時に使いましょうかね。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月14日 (土)

キック一発 CBR250FOUR 1986 ブラック 1

1986年CBR250FOURのブラック これ以降のホワイトブルーは、大ヒット市多様な。まーCBR250FOURの元祖ですね。
 今日届きました。ポチっと押したら落ちていて、慌てて調べたら何と古いじゃありませんか?納品まで気が気でなく、例のYDSを思い出してしましました。

 パッと見、綺麗でした。インナーパイプホーク・エンジン下、エキパイに錆は見られません。カウルもまあまあです。バッテリ積んで、電装すべて良しでセルも回りました。が、掛かりません。燃料が行ってないのかな?当然オイルは交換していました。
 フロントサスの動きは良好で、ブレ無しです。ただし、キャリパーの固着が若干あります。
リアカバーにテール部分のプラの止が破損で、要修理です。
タンク錆無し、キーで開きます!
Pa140031屋内保管なのか、いたって錆は見当たらない。 Pa140032 Pa140033 Pa140034これが良いんですねー! Pa140037オイル2.2Lを1.8Lにしたから、パンプが点くの? Pa140040この部分、綺麗にしたらまだまだ使えそうかな。 Pa140041 Pa140042 この部分、スプロケ・チェーン交換していますね。傷の位置が・・・。それにしても、鉄スイングアームの上錆びてるなー。
Pa140043 スイングアームの根元は・・・。バフ掛けやだなー。MC17はアルミ(重さは同じ見たいです)でディスクらしい。何時か考えよう。
Pa140045
ステップ、走行距離の割には綺麗だ。交換したのかな。大きな擦り傷も無い。
Pa140044  HONDAの文字がすれていて、その上に大きな二連えくぼが有ります。後で、引っ張ろうかな。後は、大きな傷無く綺麗でした。Pa140047 Pa140046_2これにて、ポッチでした。 Makku0611img1024x7681506693157relucタグちゃんより、綺麗かな???
まー、動けば幸いなるかな65歳Cocolog_oekaki_2017_10_14_21_38




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月 5日 (木)

モンキーZ50J その9 キャブ漏れにスプロケ交換

先日、ガス欠です。原因はキャブパッキンの様。一応、開けて見る。
Pa040008_2 綺麗に手作りしたんだがなー。本来は、ゴムでシールドです。では、ヤフオクをチェック!在りました。488円のケイヒン18パイ用の物が。これです。
Pa040009_2 左右ネジを締めていくと、明らかシッカリ密閉した。ゴムの厚さが利いているんだな。
バッチリです。
Pa040010_2
ついでに、前回リアのスプロケットを26Tにしましたが、まだ馬力に余裕があるみたい。

これが、それです。26_3 そこで24Tを入手しました。もう交換終わりました。チェーンカット無しです。

24t 結構、小さいですねー。これで、25Km辺りで三速トップに入れると、良い感じです。スピード?さー、どれ位でしょうかねえー。Cocolog_oekaki_2017_09_29_18_51

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月29日 (金)

バックミラーが、逆ネジ?

1
 モンキーカスタムは、結構調子よいですが、ミラーが左にしかありません。スピードが大いに出るので、右にも必要です。しかし、右には取り付け穴は有るのですが、どうやっても取り付けられずお手上げでした。まさかとは思い、穴を除くと逆ネジの様な。
P9290369
 そこで知り合いのBIKE屋さんに相談してみると、「ヤマハ」は、右は「逆ネジ」だと教えてくれました。ふむー・・・。このバイクは社外品が多いので、もしや?爪楊枝でねじ切りをなぞってみると、なんと逆でした。
 そこでネットで一番安い本体390円送料700円を、午後一に申し込みました。
うん?翌日、お昼に届いた!なんと、早い事か?それも左右のセットです。
P9290368  さっそく取り付けです。きちんとネジが入って、バッチリ固定です。当然左右もです。
P9290370  少し大きめですが、後ろが良く見えるのは安全安心ですね。それにしても、たかがネジで、扇風機ではあるまいしなー。Cocolog_oekaki_2017_09_29_18_51

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ココロのメロディー Louis Armstrong