2017年6月21日 (水)

かんたんで安いシールの作り方

メダカ君に頼まれて、「BABY IN CAR」シール作りました。

今回は、いろいろ思案して、百均でラミネーター不要のラミネートが有ることを知り、店に行ってみた。どうも、片面しか接着剤が無いみたい。そして、インクジェット対応の接着シールA4(名刺用のA4判ノーカット)を見っけ。これって、なんか出来そう。

そうしたら、出来ちゃいました。なんと百均で、シール付きのステッカーが作れました。やー、驚きです。動画にまとめましたので、ハワイに行った気分で、見てください。

如何でしょう。A4一枚が66円。これって、時代の進歩?!?
おサカナもびっくりのダイソーですfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

これは大きな問題か?些細なことか?

先日、バンパーの塗装が終わったついでに、車をキレイにしようとワックスを買ってきた。天気が良く暑い日、これ幸いと蓋を開けると・・・。斜めに傾いていました。
P5310128_3
うん、なんか変?容量3分の1???これって少ないんじゃ無い!と疑問符です。そこで総重量を量ると282.6gです。
P5310127
表記ワックスの容量は180gです。ふーん、じゃーついでにそれも量ってみるか?と言う事で、ビニール袋をい入れてみた。270.5gで、結果9.5g少ないです・・・。
P5310130 もちろんビニールの重さを差し引いてです。で、この9.5gとは、この位です。
P5310132 小さいスプーンで、大盛り。車一台分くらいでしょうか。9.5gは-5.3%に相当し、気になる際どい線だなー。そう言えば、企業の利益って大体5%位だったな。と言う事は、大げさに言えば、この分減らして儲けている。まさか???消費者を欺いているのか。
ここまで来ると、大体お分かりの様に「クレーマー」ギリギリの所。でも、おサカナは、電話しました。対応は少し淡白で、直ぐに交換となりました。

後日、プレゼントにハンドモップが一緒に入って届きました。で、やはりワックス傾いている。

P6140133 中に手紙が入っておりいろいろ丁寧な文章が、とってもそつなく印刷されていました。

P6140140

因みにこれも総重量を量ってみました。おーっ!!!これは、何だ!282.2gは、前と同じ・・・。
P6140137_2
以前とさほど変わらぬ重さですねー。
さて、はやる心を抑えて(クレーマーになちゃう)、ここはモップも来たことだし、やおらワックスを掛けることにしました。なんか、騙されたような、損した様な得した様な。大事の様で些細なことの様。
そんな梅雨の晴れ間のお話でしたfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月11日 (日)

ターフにモンキーのカバーを作りました。

P6110209 P6110211_2 紫陽花の季節でも、晴れれば相当に暑いこの頃。シルバーシートを購入してきました。モンキーのカバーとターフを作る為に、1m/385円で4mを用意しました。まずはモンキーの採寸です。高さ70cm、横60cm、長さ140cm。
Photoシート幅180cmで長さを170cmにして100分の1で方眼紙に下書き。

Photo_3結構キッチリ収まったので、これを元にシートに印をつけて線を引いて切ってみた。

Photo_4そしてミシンで内側に天・前後左右と記して、内側にして縫う。縫い代は2cm位あり、ジグザグ縫いです。これをひっくり返すと、ほら!!!heart04
P6110210 ターフは、180×230cm残っていますのちょど良い大きさです。これは、端切れを上手く使って、四隅を補強しつつロープ張りの輪をミシンで縫った。もちろん、ジグザグにです。写真が無いので、図を・・・。
Photo_5 どうにか作る事が出来ましたよ。ロープは100円ショップでシッカリした自転車ロープ(2.4m)をゲット。写真のように、いい感じ。

ミシンも久しぶり。マエストロ160の機体服制作依頼でした。でも、うれしい反面でも百円ショップで、なんと自転車カバーを売っていました!!!
日に日に焼けるおサカナでしたfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

モンキーZ50J 6V改 最終回 ベアリング届いてキック一発 

キック一発です。
キーアクセサリーは、YS110の
ロッカーアームです。映って無い!?!

昨日は、フロントフェンダー交換。太田さんは、先日暑さにかまけて冷たい飲み物をレンちゃんでがぶ飲みした。太ってきたので、「マ、イッカ」と。これが祟って、胃が悲鳴を上げたんです。で、正露丸にこれを服用して、どうにかモンキーいじくっています。ピカピカのプラスティック変だ―です。
P6050133なぜ「変なだー」のかは後ほどに。
P6050135 まずはフロントタイヤを外す。
P6050136 錆びたブレーキシューにスピードメータギア部分。
P6050137 ブレーキシューはサンドで錆びを落としてきれいに。メーターアッセンブリーはグリスアップです。ベアリングのガタはなく、グリスアップをする。
P6050140 左の回転ワイヤーを外して、パソコンのCPUの放熱グリス容器(注射器)に、グリスを空気が入らないように詰め込む。
P6050144 これを先ほどのワイヤー穴からチューっと押し入れると、バッチリです。シーリングの所からあふれ出てきました。上手くいきました。
P6050145P6050146
ついでに、古いステッカーは剥がして・・・なかなか剥がれず一時間以上費やす。
P6050139傷隠しに貼ったのかな?まだ落ちず。P6050143 では、フェンダー取り付けです。プラスティックなのに、バリが・・・バリ取ったら無垢の地が出てしまうので気にせず進む。ウン・・・・・?
P6050135_2
なんだ―これは!
P6050147 取り付け穴が・・・いい加減だなー。ちょっと不満だが、999円なので我慢する事に。取り付け完了です。
P6050148  と、この時北京からベアリング届きました。シールドは外す。
P6050152P6050151

夜、スタッカーを作ってみた。

Dirtsports 翌日、さっそくクラッチの仕上げに掛かり、思わぬ難題が起きた!ベアリング差し込み、クラッチ調整備品もホイホイと。予定どうり順調に組み込むも、最後にクラッチカバーが閉じない!どうも、クラッチシフトが引っかかる。「ヒェー!」です。
じゃー、ドリブンまで戻ってみることにした。異常なしのようです。組み立てっては分解を3回も行ったが・・・。とてもステーカーどころではありません。
万策尽きてバイクやの大島オートサービスに連絡をして聞いてみた。師曰く「クラッチシャフトの右に、戻しスプリングが下から見える」・「それがオカシイので・・・。」・「どうなっているのか仕組みを理解する事だ!」と。電話を切って、兎に角その所まで又分解です。確かにオイルシール交換したときに、シャフトを抜いていた。この時に何かが・・・。で、シャフトを抜いてびっくり。スプリングの所の径は太く、とシャフト径は若干細くて、そこにスプリングが一部挟まっていました。なる程、仕組みを理解する事か―。スプリングは、径が大きいほうがしっかり強くなるんだなー。
P5230057よし、これでOKだと思い急いで組み立てる。
P6060156 この辺の組み立ては、お陰でテキパキ出来ます。
P6060157P6060158
さー、キッチリ嵌るか?右の写真は、部品をカバー側に仮組して、一気にカバーを閉じる。
P6060159P6060160
おー成功しました。師匠のおしゃる通り勉強になりました。この後、ポイントカバーとステップアッセンブリーにギア/キックペダルを取り付けて、キック一発が・・・。
P6060161 回らない。回らないどころかロックしている感じだ。チェンジも出来ない。やばいなー、師匠には聞けないし。暫しボーゼンと固まる。
気を取り直して、再度分解です。又もドリブンも外すと「ヤヤヤ」です。ローラーがて手前にづれていた。どうりで先程ドリブンのCリングが締まりが悪かった訳だと、妙に納得です。
P5230059 仮組で、キックOKです。これで大丈夫、急いで組み立て。リヤブレーキのストップランプスプリングで、やっと終わりました。キックOKOKOK。では、0.8Lオイルを入れて、締め付けるべきネジをシッカリ止めていく。
P6060165 タンクつけて、シートをセットしようとしたらネジの穴が・・・6㎜が10㎜?先程のフェンダーと同じ大雑把な穴が開いていた!そして、シートをセットしたら、タンクに当たる!うー、しょうがないので、一度レザーを剥がして、サンダーで切り落としてどうにかOK。いやーまったく参りました。中国製はもう嫌になった。余りにも「変だ―」です。P6070136 でも、どうにかセットし、ガソリン入れてキック一発が冒頭の動画です。
キック感は、とってもコンプレッションが強く、普通じゃない。チョイノリして30Km軽くオーバー。フロントスプロケをT16に上げたのに、その感触今一です。吹けもよくトルクが有るから、リヤT25にしちゃおうかな。
今回も、いろいろ勉強になったなー。「仕組みを理解すること」に、中製の「安物買いの銭失い」。アッ、ベアリング「北京製」だーcoldsweats01!!!fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

モンキーZ50J 6V改 その8 スプロケ交換 他

           PCでビートルズ聞きながら・・・・・。
P6030181
うーん、未だベアリング届きません。先週問い合わせたら「北京から発送しました」とメールだった。320円送料無料だから?2週間以上も・・・。
 で、今日はスプロケ交換しました。手持ちの分はこれです。フロントT12・13・14(現在のもの)のリヤ―T31。リヤです。それにしても、なんでこんなにフロントばかりが有るの?
P6030189これが、交換分でT16と、なんとリヤT31は同じでした。ダブりでヤフオク失敗です。P6030177 ビフォーです。フロントは今回はT16にします。チエーンは、わーやーブラシでしごいてきれいにしたら、伸びたみたいです。
P6030176 アフター。フロント2増えたのにも関わらず、リヤのチェーン調整は同じです。
P6040187 錆びのリヤフェンダー磨いて、ナンバー取り付けです。
P6040190P6040191 エンジンのアルミサイドカバーを磨きましたが、鏡面には程遠く。おまけに、指の指紋が消えかかって、食事時に滑って苦労しています。
P6020170fish ロゴにタンクと同じ色を埋め込でみました。ちょっと品が良いかな。
P6020171それもしてもベアリングないので進まず、カッコつかないなー。
P6040186_3タンク・シート・フロントフェンダー等の準備OKなのですがねfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

バンパー塗装してみました 続編

昨日、バンパーの仕上げにクリヤー塗った後に雨が降った。で、今朝みたら・・・。
 上から見た時の写真です。雨跡が、くっきり真っ白になっていた。おサカナの頭も一瞬真っ白に!!!で、爪でひっかいたら白い部分が消えかかった。で、左半分はサンド1200番で研ぎ落した状態。で、爪でひっかいたら白い部分が消えかかった。で、左半分はサンド1200番で研ぎ落した状態。
P6020160
ふー、これなら、シルバーの下地が生かせるので、本塗り一回にクリヤー3回吹いて一安心です。
おーキレイになった。ヨシヨシ。P6020164その後、後ろバンパーにクリヤーを掛けようとしたら、どうしてもこうなってしまいます。仕方なくシルバーを吹くも一向に変わらずです!オカシイデス。
P6020162暫し中断して様子?を見ると、どうも日差しの影響下も???で、」分かったことは、炎天下の陽が、左上の給油ハッチに反射した反射光でした。試しに車を移動させると、きれいに塗られていました。バンパーの上は、シルバー粉末で問題なし。
P6020166これで後ろも全て完了です。
P6020163 それにしても、天候にこうも左右されるとは、思わなかった。プロはすごい。
今回の塗装中に、他車の車傷が妙に気になりよく見たら、みんなキレイじゃないですかー。修理跡が見える車なんて、見当たりません。「さすがNiponだなー」と誇らしげに思ったものの・・・。自分の適当さにもイヤ気がさして、今回は10M以上で合格としました。

P6020173

またまた、自己満足のおサカナでしたfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 1日 (木)

モンキーZ50J 6V改 その7 タンク塗装にステッカー

シールを昨夜、デザインして作っておきました。
P6010156 今日は、タンクとサイドカバーの塗装です。オリジナルはサファイヤブルーだとか。でも、ちょっとシックな色をチョイス。
P6010148 P6010149 軽く吹いてみたが、結構ムラムラですねー。
P6010150 P6010152 P6010151重ね塗りを6回ほど行って、やっと落ち着いた。サイドカバーも一緒に。
P6010155 夕方に、激しい夕立が・・・。で、屋内にてステッカーを貼る。
P6010157 フルフェイスメットにも貼る。このメットもだいぶ古く、中のスポンジが粉末になっていた。急ぎインナーの型紙取って、あり合わせのスポンジを切ってセット。
P6010143_2 で、そんな事していたら、これが行く不明になってしまって、いくら時間経っても見当たらない。そんな、馬鹿な!!!

P5310136_2

おサカナの物忘れも、限度と言うものが・・・無いの?

明日、クリヤーですfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

バンパー塗装してみました

バンパーの塗装に挑戦してみました。まづは、パテが終わった写真です。二液樹脂パテ。
P5240075_2
P5250080_2
  P5240076_2 大きくは3か所。細かく見れば、全体です。まー、気になる所を中心に行いました。
丁寧に、サンディング。シリコンOFF吹いて次に行きます。
P5270103 P5270104 P5270105 下地の、プラサスをスプレー。その後、1000番とコンパウンドで滑らかにしておきます。当然、マスキングしました。P5290112 P5290113P5290111 シリコンOFFで、拭ってから「ぼかしスプレー」をサッと吹いて、塗装です。NH623Mのスプレー缶を、結局2本使って、バンパー全体を塗ったような。フロント左です。
P5300126 P5300127
うひょー、リヤバンパー側が、上手く色が合わない!P5300129
フロントは上手く?いった。P5300125 P5300128 クリアーを吹きましたが、薄すぎたため艶が・・・ありません。ラジコンの時は、遠慮なく二液ウレタン6本も買ったのになー。
今更焦ってもしょうがないので、後日ゆっくりクリヤーしましょうかね。
それにしても、今日は焼けたおサカナでしたfish

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月27日 (土)

モンキーZ50J 6V改 その6 曇りの空の下で

一週間たつのに、ベアリングが届かない。その後にヤフオクの4点が届いてしまった。占めて
P5270096_2 P5270102今日は左右のエンジンカバーの磨きこみです。研磨をいろいろ試してみました。サンドでは大変です。
P5250090  研磨たわし。これは、荒すぎました!
P5250089_2 小型電動ルーター。ちょっと力が弱いけど、カップブラシは中研磨かな。
P5250091 P5250092 最後にナイロンディスクのサンダー。これが一番良かったが、いかんせん100円ショップなもんで、センターが合っていない!!!その為に、表面に波みたいなわずかな深堀が出来てしまった。また、ディスクの端っこを斜めにしておかないと、ダメですね。なんたってアルミだもんなー。
P5270096_3 ※サンダーは15分くらいしか使えませんでした。重たくて、腕が震えてきて危険だ―。
こっちは、剥離スプレー後に、サンドで進めました。中古でも物のが良かったので、結構良い仕上がりです。サンド320番・600番・1200番と、仕上げていきました。がー、如何せん、小さな凹みの傷が多すぎて、程ほどにしておくことに。P5270107 タンクもきれいに塗り直し。リハク剤スプレーは、強力でした。カバーもキレイになります。
P5240072 P5240073 P5240074 P5240077 タンクはスチール製なので、先ほどのサンダーが良いです。凹み、5・6っか所ありました。小さな傷も一緒に、アルコールでキレイにして2液パテを埋めて今日は終了です。
P5270112 それにしても、サンダーって、重いなーfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月25日 (木)

モンキーZ50J 6V改 その5 曇りの空の下で

P5240066
 勢いにのって、今日も改です。これは、スプロケットを外してシール交換したところ。
 では、続きです。ロックナットレンチでクラッチが外れず、急ぎ知り合いのバイク屋さんに相談(大島オートサービス                                                   0480-33-0079)。なんと、インパクトドライバにレンチを差し込んで、ダッダッダで簡単に緩んだ。オーこれは凄いなーと感心。で、料金は無料。そうだよね、これでいお金を取ったらたまらん。某あかぎれには、ぼっただなー。
早速、ネジとワッシャーと留め金を外してと。
P5230051
 いやー、外れました。センターにギアーとオイルシールパイプ(真鍮?)があります。これも抜きます。
P5230053
 で、左にあるドリブンギアーを、Cクリップを外すと、すーっと抜けます。そのドリブンに隠れてある部品を外して、チェンジシャフトを抜く。
P5230057
そして、反対側のチェンジシャフトのオイルシール交換。
P5230058  これで、すべて完了です。あとは、分解通りに組み立てです。
P5230059 P5230060 P5230062
ここは、レンチで目いっぱいに締めて、ロックピンをしっかり内側に曲げておきます。P5230063
ここから先は、まだベアリングが届いていないので、今回はここまで。
灘時間があったので、事のついでにキック側のオイルシールに、冒頭のフロントスプロケオイルシールを交換しておきました。
P5230064今日はここまでです。フ―goodP5240065
日がな一日もゆうぐれ、ご苦労さんでしたfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«モンキーZ50J 6V改 その4 皐月の空の下で