« 川辺の水鳥に、このキノコなーんだ? | トップページ | 春の日差しを浴びて、お散歩に »

2010年4月28日 (水)

いよいよ「スパッチェ」の完成!?NO2

  4_4 いよいよ主翼の整形です。上・下プランク後に、図の様に前後縁を整形します。特に、後ろ縁は、台座に400番のサンドペーパーを貼って、、同じくサンドペーパーで斜めに整形しました。結構、薄く出来ました。13 ぺグは、グラスを貼って、フイルム後に カーボンシートで補強して、有り物の五mm竹を取り付けました。14主翼接合部分。エポキシで接着後に、上下面に厚いグラスをシュンカンで補強。翼弦長が200mmで翼の厚さがたった10mm(翼厚5%!)なので、超極薄翼。これで、万歳しなければ、バンザイなのですが、シンパイです。だって、カンザシが有りませんから!! 14_3 さて、これが生地完成です。意外にカッコ良いと自負しています。で、上反角は約7%位で、片翼の高さは70mmになります。しかし、これだとラダー旋回時の初期に、やや尻振りがありスムーズな方向転換が出来ませんでした。ですから上反角は80mm以上あっても良さそうです。

 フイルムは、オラライトオラカバのレッドクリヤー?で、胴体上下は、普通のオラカバブルーで仕上げました。161 航空ベニヤにナットを付けて、2ヶ所のウイングボルトを作りました。ちょっと狭すぎ??15 尾翼です。 水平尾翼は、下にパイロンを取り付けてあります。この方が良いと実験工房のsekiaiさんからご、指摘頂きました。特にグライダーに興味のある方は、是非一度ここをクリック下さい。http://rcp.web.infoseek.co.jp/rc_atlantis6.html 本当にsekiaiさんの実験工房は、参考になります。さて、ホーンはありものベニヤで作って見ました。リンケージは、08mmピアノ線をテフロンパイプに通してあります。稼動部ヒンジはセロテープで、最後にスパッチェシールを貼って完成です。

201_4  どうでしょう、なんとか完成しました。でも、シール付けたら、なんだかみっともないとうな・・・。さて冬の晴天日に、金貨に行ってテスト飛行です。風上の草むらに向かって、手投げをしてトリム調整。何度か繰り返して、段々と落ち着いて飛行しています。それではと、恐る恐るSAL投げをしてみました。21 おおー、上手く飛んでいるではありませんか!幾度となく、発航を試みましたが、あまり高く上がりません。それと、重い為なのか滑空性能がとても悪いようです。滞空時間が少ない・・・。そこで、受信機・バッテリのすべてを搭載して、体重測定しました。すると、主翼が161gに胴体が191g前後で、合計352gでした!!これはこれは、充分重た過ぎの大きな誤算です。目標は300gなのに!胴体や主翼も、自分では特に軽量に作ったつもりですから、残念でしかたありません。そこで、後日バッテリを単四からリポに交換してみようと思います。

スペック

長さ:1080mm

幅:1480mm

重さ:352g (翼161g 胴体191g)

翼:クラークY似自作 翼厚5%???

 中央翼弦:200mm、端翼弦:130mm テーパー翼

主翼素材 :バルサ+フイルム貼り、スパーはヒノキ材にカーボンシート

胴体材質 :バルサ+フイルム貼り、側面カーボンシート

では次回、スパッチェのその後を、お楽しみに!

|

« 川辺の水鳥に、このキノコなーんだ? | トップページ | 春の日差しを浴びて、お散歩に »

SAL機 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ「スパッチェ」の完成!?NO2:

« 川辺の水鳥に、このキノコなーんだ? | トップページ | 春の日差しを浴びて、お散歩に »