« カワリモノ特集NO2 | トップページ | 季節の変わり目の日々 »

2010年10月30日 (土)

ジャベリグライダー「ラッシ」、150gで完成

P1070398 伊草の上の、新作機RUShです。

 ジャベリン機とは槍投げのことで、上空10から15m位しか上がらないグライダーです。これに嵌っているタタミーさんに、作って見ました。

Rush2P1070331とにかく軽くする為に、主翼は半プランク仕様にしました。二段上反角です。 上面にはグラスで下面はカーボンで補強しています。

Rush1 P1070325こんな仕上がりになりました。翼長は1300mm在りますが、上反角が少ないような!!!

P1070320P10703102mmバルサから切り出した、翼です。これで6.6gと軽量です。主翼と合計で62.1gですからフイルム貼っても70g以内でしょう。

1 2

これが、主翼マウントで、嵌め込んでゴム紐で留めます。

2_2P1070036胴体は、これまた軽量の6.6gのカーボンパイプ(テーパー)を用いました。 メカマウントをカーボンにくっ付けて、キャノピーガイドをバルサ棒で作ってあります。

P1070391 Photo垂直尾翼をつけて、水平尾翼のバルサパイロンをマジックで黒くして製作。軽そうでしょう?

P1070393 P1070392 スイッチに充電口です。うーん、ちっこいですねー!!緑は1cリポ300mAhのバッテリ。8mm厚のマイクロサーボでラダー・エレベーター仕様です。

P1070399 P1070401 ミッキーのところがゴム留めで、発進の指掛けになります。一応2本指用にしています。

01 リンケージは、0.8mmカーボンロッドで、こんな感じになりました。

P1070397 重量は、〆て149.8gの超軽量?になり、後は台風一過の初飛行を待つのみ。ちなみに「RUSH]とは、畳の表に使われている伊草の事です。伊草のかほりの様に、良い飛びをしてほしいものです。

|

« カワリモノ特集NO2 | トップページ | 季節の変わり目の日々 »

SAL機 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャベリグライダー「ラッシ」、150gで完成:

« カワリモノ特集NO2 | トップページ | 季節の変わり目の日々 »