« RUSH-2号の改良!? | トップページ | ブラ3の初飛行 »

2011年2月21日 (月)

Blaster3製作 後編

01 尾翼の接着。まずは、エレベーターVをテールに差し込んで、垂直尾翼を瞬間で止めます。

02 03

どちらも、精度が高く出来ています。主翼を仮止めして、尾翼の十字を確認。

3 エレベーターは、ネジで取り外しが出来るようにしています。

ここも、遊びも無くキッチリ出来ています。

1 2

ホーンを荒らして、エポキシをドライヤーで暖めて、流し込んでシッカリ接着。

5_38 

6メカは、およそ38gでしょうか。4個のサーボを平積みにしています。

7 8

レシーバーに350Mahリポは、マジックテープで固定して、最後にセロテープ。11_2

1012 

0.5mmのカーボンロッド用のリンケージアジャスターです。五円玉の方は、エルロン用抜けどめアジャスター。良く見ると、ハンドメイド!!細かいです。ロッドは0.6mmと細いのが気になります。 

002004

マウントのリンケージ。後ろのラダーサーボのコネクターは、やっと届いています。赤いJST2ピンコネクタは、受信機にダイレクトでONにして、OFFは充電用に用います。

001_2 9

出来たと思ったら、ポッドの後ろのエルロンロッドが細いので、たわんでニュートララルがでない!そこで、1mmバルサを胴体から斜めに瞬間して、完全にガタをなくしました。ポッドの赤いのは、スイッチが入っている証拠。ケプラーだから見える!

では、次回タタミーさんの初飛行です。

|

« RUSH-2号の改良!? | トップページ | ブラ3の初飛行 »

SAL機 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Blaster3製作 後編:

« RUSH-2号の改良!? | トップページ | ブラ3の初飛行 »