« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

太いパイプでとてもハード!

3 これが、ミニにしては、太すぎるテーパーカーボン(12~8mm)です。翼の後ろは、透明フイルムを貼ったままです。ロッドは1mm径のカーボンを使用。

5 ロッドのたわみ防止に、約10cm置きにアンテナパイプを6個所固定してあります。これでがたが出れば、サーボやホーン穴が大きすぎ!?!エレベーターパイロンをアンダーに取り付けています。

4 ホーンへのピアノ線には、抜け止めはしていません!胴体に沿ったロッドを広げているので、その戻り反発を利用しています。右投げの私には、これで遠心力が加わるので、今までの経験上外れないですよ。ラダーは、上から差し込んでいます。

2 これが、ヘッド。重たくなったパイプのせいで、後ろが重い!そこで、バルサブロックで重さを増して、流線型に。こうしたら、何だか、ハンドキャッチがし易いような。でも、重量が気になるなー。

6 7

ややっ、71.7から80.7gになっています。9gの増量は嬉しくありませんね。

1前回、主翼が93.3gですから、計174g・・・・・。これにレシーバーと配線で、およその合計は185gでっす。これは、充分重いぞ!原因は、太いパイプは重量があって後ろが重くなり、おまけに尾翼の面積拡張(肉抜きも少なかった)と思われます。でも、予想通り、ハードな仕上がりに、まづは満足。あとはレシーバーを積んで、力一杯の思いっきり投げの初フライです。因みに、ハードパンチは、翼幅1185mmに長さが920mmです。さー、どこまで高く上がるでしょうか?た・の・し・み・でっす。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

土曜の昼に

F 今日土曜日、結構風が乱れた日でした。有りそうで無いサーマルに、早くからFさん投げっぱなしです。K そこに千代さんが出現!やおら、自作機(スパン1300mm)を取り出して、入念なチェック後に発進。この、翼端が鋭い三日月翼機は、とんでもなく高く上がる。で、我がFさんの上に到達して、サーマルを捜索。すると、風に流されながらもゲット。・・・・・・・

1 今度は、4ポイントさんがお目見えです。取り出したのは、製作中のセミスケールグライダーASK 21。複座式の実機の練習用グライダーとして有名です。

2_2 3_4  スパンが長くて胴が短い。T型エレベーターが印象的ですね。そして、手にしている赤いのが、ちっこいバルサのグライダー(エルロン使用?)。なんとトリエルロンです。ひょこっと投げて、強風に強いです。

4_27

投げ方は、一回りしないで、そのままエイイッ!とばかりの発進。飛行写真は、早すぎて撮影出来ませんでした。

5 8 9これは、ミニビーナスのようです。浮きを良くするべく、スチレンペーパーを主翼後ろ縁に拡張してありました。翼がシッカリ出来ており、そのお陰でしょうか、SALの一回周りで高く舞い上がっていました。後ろが重たいからと、頭に5gくらいオモリを積んだら良い感じ。ランチ時間にはもってこいかも!

これから、小春日和が楽しみです。それと、ニングさんが、いよいよアトランテイス6完成だそうです。機会があれば、みんなでランチを楽しみましょう。そう、お昼もね!fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

ビーナス改の主翼を使って

最近、タタミーさんのジャべりを真似して「RUSH2号」を作っていた時に、菊千代さんがAG18翼のエルロン使用、幅1000mmの自作SAL機を持ってきていました。これがまた、おったまげる程の高高度を獲得しているではありませんか。

Photo_51 そこで、以前にビーナス改で作った、丈夫な翼を思い出し、その翼を改造しつつ新SAL機を作って見ることにしました。

1530 幅1185mmで91.8gのこの翼は、ハードバルサプランクのお陰で、高度は取れるのですが、滑空性能が悪く、強風向き?でした。そこで、後ろ縁を翼根15mmから翼端10mm程広くしてみる事にました。

234_1680_2

まずは、フイルムはがして、後ろ縁を10mmカットOFF。この辺が、2mm厚となります。そこに、2mmバルサを幅20~25mmのテーパー状に切り出して、瞬間で接着改良?でも、見た目は、あまり変わっては見えませんね。

5  8

6 7

よくも飽きずに、シコシコ削りましたよ。

10 14

おっと、また調子に乗って削りすぎてしもうたわい!で、生地完成で この時、80.7gでしたが、フイルム貼ってみると、93.3gです。計算上では、面積10%UPの重さがおよそ1.4%増しだから、8.5%翼面効果が出る?と言うことかな。

P1080498、さて、ここまで来たら、尾翼も作っちゃえとばかりに、2mmバルサで加工しました。メカヘッドと翼マウントは、ビーナス改のものを、そのまま流用します。ヘッドは、下にバルサブロックで、これまた流線型にして見ました。で、硬性を持たせるパイプは、シンプルクールのテーパーカーボン(12~8mm)を用いています。硬いぞー!!!もちろんラダー機です。とにかく、強靭な翼と、カチンなパイプなら、絶対に高高度獲得だー!それに、浮きも良くなることを期待して、続きは次回に!fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

ブラ3の初飛行

005 土曜の10時過ぎ。いよいよブラスター3の初飛行日。オーナーのタタミーさん、さっそく準備。

006 ドライバーで主翼を2箇所とめています。

そして、ひっくり返してエルロンリンケージを繋いで、準備万端。

00707 ジャべりの水平飛行後に、穏やかにSAL投げしました。すると、良い感じのようです。少しずつ慣れてきて、だんだん強くなってきました。調子が出てきたみたい。そしたら、その分どんどん高度が上がっていきます。が、後ろが思いようで、10円玉で様子を見ましたら、なんと5枚ほど(22.5g)積み込みました!取説に20から50gとあったのは、本当でした。

009さあ、重心も決まった事だし、ここらで菊千代さんに思いっきり投げてもらいました。すると、ピューッと高高度!!!伸びがいいです。いやー、上がりますねー。それに、発航時にあの「バッキ」音がしません。そうなんですよ。音が殆どしないです。やー、ウラジミールモデルは高性能なんですね。凄いの一言です。

010_2 012

さて、大満足のオーナーの心配事が、一つありました。この逸品のポッドを痛めない為にも、絶対にハンドキャッチに懸命なタタミーさん。初飛行おめでとう!では、ワックス掛けて、ウィングスーツでお大事に。誰かの首に当てないでね!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

Blaster3製作 後編

01 尾翼の接着。まずは、エレベーターVをテールに差し込んで、垂直尾翼を瞬間で止めます。

02 03

どちらも、精度が高く出来ています。主翼を仮止めして、尾翼の十字を確認。

3 エレベーターは、ネジで取り外しが出来るようにしています。

ここも、遊びも無くキッチリ出来ています。

1 2

ホーンを荒らして、エポキシをドライヤーで暖めて、流し込んでシッカリ接着。

5_38 

6メカは、およそ38gでしょうか。4個のサーボを平積みにしています。

7 8

レシーバーに350Mahリポは、マジックテープで固定して、最後にセロテープ。11_2

1012 

0.5mmのカーボンロッド用のリンケージアジャスターです。五円玉の方は、エルロン用抜けどめアジャスター。良く見ると、ハンドメイド!!細かいです。ロッドは0.6mmと細いのが気になります。 

002004

マウントのリンケージ。後ろのラダーサーボのコネクターは、やっと届いています。赤いJST2ピンコネクタは、受信機にダイレクトでONにして、OFFは充電用に用います。

001_2 9

出来たと思ったら、ポッドの後ろのエルロンロッドが細いので、たわんでニュートララルがでない!そこで、1mmバルサを胴体から斜めに瞬間して、完全にガタをなくしました。ポッドの赤いのは、スイッチが入っている証拠。ケプラーだから見える!

では、次回タタミーさんの初飛行です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

RUSH-2号の改良!?

01 1 ちょっと前後しますが、これが生地完でしたね。

重さは、139gとまあまあの軽量になりました。しかし、前回の初飛行で、翼のキャンバーが弓なりになり過ぎたようで、初飛行も今一。また、垂直尾翼にも、亀裂が起こっていました。そこで、今回はいろいろ改良をしてみました。

2 P1080475

まずは、イージーフイルムを上下逆に貼って、アイロンで下面を強引に平らにしてみる。と、なんとかキャンバーは少なくなリました。そしてデザイン的にも、上から見ると良いですね。

4 5

ポッドの下を、重さ代わりにバルサブロックで流線型に。これは、菊千代さんのアイデアです。こちらの方が、見た目も獲得高度も良好のようです。ハイ!

909_2

10 昨日、本さんの電動スーパーに激突して、クラックの入ったラダーが千切れてしまった!!自業自得です。で、3mmバルサとグラスで、こじんまりと作り直しです。これで強く投げられるかも・・・・。

P1080476_2 P1080477 

これが、ジャべり{RUSHー2号」の改良機になりました。夕方、田んぼに出て、よっこらしょと投げてみました。ジャべりでは、どうやってもRUSH1号に負けてしまいますが、SAL投げでは強く投げても大丈夫。ずいぶん丈夫になりましたよ。でも、お尻が少し軽くなったせいか、エレベーターが非常に敏感になってしまったようです!5gくらい積みましょうか?

さて、獲得高度は、以前に作ったビーナス改の方が、間違えなく上がります。翼が頑丈なビーナス改は97gあり、こちらは70gです。この重さの差が、翼の硬性になって獲得高度の違いになっているのでしょう。

8 これは、この間の初飛行時の写真です。翼端の小豆レッド?が鮮やかでした。

次回は、ブラスターの製作の後編ですfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

プレデターの初飛行に電動スーパー

1 4ポイントさん、出来ましたよ!先日、ニッケル水素170Mah(4セル)では、エルロンがデジサーボの為が、ギャチャガチャして苦労しました。今回は、リポ350Mahの一セルで、4.2vの満充電にて、再挑戦です。結局重量は250gで、予想どうりの仕上がりです。2 3

先日と違って、ちょっと強風の中でした。思ったよりエルロンが聞きすぎて、菊千代さんのアドバイスで30%落として見ましたら、良い感じ。気にしていました、 サーボのガチャつきは、見られませんでした。

5 4

水素からリポバッテリにしたら頭が10g以上軽くなって、お尻が重たくなるのが心配でしたが、いやいや問題はありません。重心は、翼弦のちょうど真ん中でした。伸びも良いようです。

今後は、ランチ・移動(スピード)・サーマルのフラップ上下や、エルロンからラダーへのミキシングも,これから徐々調整の予定です。もうすぐ三寒四温になれば、眼に見えないサーマルを捕食?出来るかも!4ポイントさん、そろそろ運動をしましょうね。

01

本さんの電動機。50Aのアンプを搭載していますので、エンジン機25クラス位いでしょうか?

02_2 04_2

実は、飛行前に私おサカナの「RUSH2」を翼にぶつけてしまいました。発砲セメダインで応急処置をして、どうにか飛行にこぎつけました。ゴメンなさい。

03 05

飛行振りは、軽快に飛んでおり、ちょっとした突風にもめげず、頑張っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

ブラスター3(blasterⅢ)

前回、プレデター(捕食者)と言う、とても怖い SAL機でしたが、今回はそれを防衛する?ブラスターです。blasterの意味は、1 発破工. 2 爆破するもの. 3 ゴルフ=sand wedge. 4 (SFで)宇宙銃 などなどです・・・。まあ、どっちもどっちかな。

P1080360

ウラジミールモデルとあります。モスクワから東に200Kmの所に、およそ1000年の歴史があるウラジミール市があります。多分、ここにある模型会社でしょう。1_2 3_2

ネットで調べると、http://www.f3j.in.ua/index.php?id=203&L=0 10色もあり、国別になっているんでしょうか?ポッドの形状は、断面が牡丹餅状で、幅は45mm高さ30mmの余裕の大きさです。アトランテイス6は33mm幅なので、何で大きくしているのか、良く分かりません。

45 6

ポッドのマウントは、パイプを半月に平らにして、カーボンプレートが、施してありました。ポッドの首のくびれには、エラ穴があり、リンケージが出来るようにしてあります。主翼は、嵌め込み式で寸分の狂いも無くピッタシカンカンのビス留めで、バッチリ言う事なしスッ。

811 10_2

取り敢えずの合計が168.7g????カルーイですね。後は、受信機・バッテリ・サーボで50gとしても、218.7gですか。凄いねー、本当かなー????タタミーさん!

12 13

ライムグリーが綺麗で、一枚翼になっています。上半角は意外とあり、6.5度で18.5mmもあります。エルロンの傾き旋回よりも、ラダーによる水平旋回を意識して、自立性を優先しているのでしょう。

16 17

エルロンのヒンジ部分。ぐーと下げて見ると、やっと隙間が出来ました。上下に20mm振っても、右のように隙間は出来ません!凄いですね。

21 23

胴体に通す全翼エレベーターマウントはカーボン製で、シンプルクールも同じでした。翼ペグです。良く見てください。厚さ2mmの隙間!つまり翼端も2mmと言うことですね。どこを見ても手抜きは見られません。これは凄いに尽きます。

20 完成予定のライムブラスターⅢ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

プレデター完成 258.3g

01 02

カーボンのパイプペグです。薄い翼端に、カーボンシートを2枚積層して補強してあります。

1_2 2

1mmちょいの、エレベーター糸引き穴も、シート2枚を積層。ここに0.5mmの針金で作った通し針を使って、釣り糸を通します。

3 5

こんな感じで、パンツのゴム紐を通しているみたい!で、両引き紐が通せました。実はこの糸EPラインで、1gの原料を9kmに引き伸ばしたときの太さが1デニールと呼ぶそうです。で、この糸は、50本位い束ねてあるようです。

10 6

ラダーも同じにしています。ハッチに来ている紐達。うーん、地味な仕事です・・・・。

7 8

マウントを切り出しています。黒いのがラダーエレベーター用の8mm幅。手前がブルーバードデジサーボ(幅10mm)で、エルロン用です。これで、ホーンを付けると、目一杯でした。

12 13

なんだかんだと、いじくって見たらどうにか収まりました。リンケージ同士の干渉もなく、見た目はすっきりです。

P1080386 ヘッドにニッケル水素170mAhを積んで、双葉の7チャン。充電コネクターにマイクロスイッチを取り付けています。

P1080385 エルロンロッドを主翼の付け根から出してあります。ここは、見栄えが良いので、補強をしませんでした。大丈夫???

11エルロンには抜け防止ストッパーが付いていますが・・・1.5mmの針金は重たいような太いような・・・・。

15重心は五分の二の位置。重量は258.3gで上がりました。まずまずの重さ。タタミーさん軽いでしょう?心配なのは、釣り糸の接着部分。糸が緩まないかなー。それと、バッテリの容量!でも、正面から見ると、何だか精悍で、貪欲なイメージがして、ええいっ、投げちゃえーーーて気になりますよね。

14 完成です。どんな飛びをするのか、楽しみです。4ポイントさん、木曜ですよ!!Fさんも来てねーbyfish

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

スカイツリー

1fishdog スカイツリーを見に、大都会に行ってきました。

2_2 3_2遠くに見えたツリーも、都内に入ると、おおっ大きいなー!でも、逆光??

6 うう、たいぶ近づいて来ましたよ。周りのビルが大きく感じません!

10 十軒橋からの写真ですー。上下は合成していますが、ホント凄いです。でも、だんだん近づくと、凄さばかりでエレガントとがスマートとか、ちょっと程遠いように感じるは、マックだけかなー。

11_2 12_2

そばで見ていると、建築材料をクレーンで揚げています。瞬く間に、あんな所に行っています。高速クレーン?でしょうか。ワン。

13_2 14_2

うん、今日現在で574mだって。目標武蔵634まで2ヶ月ですね。事故・怪我なく完成を見守っていますわん。

15 17  わー、ぶっといナー。この角度で見ると左右均等ですが、左右の太いパイプは上部では見えなくなっていますね。これって、不思議ね。

18 皆さん!「マックと四季のかほり」は、しばらくお休みになります。また、機会がありましたら再会しましょう。ワン、ワン、ワン。dogfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

puredeta-捕食者?!

SAL機の名前puredeta-プレデターは捕食者の意味です。地球上で言えば、生物の頂点にある人間でしょうが、宇宙から見れば人間も餌???

1 これが、そのpuredeta-です。1480の1150mmです。

2 5 翼型です。とても綺麗に仕上がっていました。いい感じです。重さは118.1Gとまあまあです。

4 6 尾翼は10.9gと軽く出来ています。垂直尾翼は、右の面がフラットになっています。頭と胴体で53.5g。翼は4mmのキャップボトル2本で固定。さて、どの位の重さで仕上がるでしょうか?

7 8 まずは、主翼の合体をカーボンクロスで行いました。クロスをビニールで挟んでエポキシを染み込ませたのですが、なかなか上手くいきません!そして、ついでに頭とパイプを接合しておきました。

9 10 主翼をボトルで止めて、垂直尾翼をパイプに挟んであります。マイクログラスを瞬間で補強。水平取り付けのパイロンをバルサで切り出して、マジック黒を塗って、これもグラスで補強してみました。

113  尾翼はご覧のように軽量にすっきり組み立てられました。メカ室を見ると、カーボンローピングが施してあり、内側全面にマイクログラスが透けて見えました。内形は35mmあり、普通でしょう。でも、サーボ積むのが、一苦労!!!かな。

1314_2 15_2

12_2

取り合えず、生地完成。赤いヘッドとグリーンのハッチが印象的ですね。

P1080143 これは、ペグ補強のカーボンシート。ビニールでサンドイッチして、ハサミで丸く?切って、貼っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

ラジ技のハイブリッジさんが見えました

P1080082001  穏やかな土曜に、ラジ技のハイブリッジさんが常総の帰りに寄ってくれました。何でも、DLGの大会取材は経験豊富ですが、未だ、SAL投げた事が無いとか・・・ええっ??

P1080063P1080093 久しぶりに、マリオさんはユウガを空高く、点になるまで飛ばしていました。4ポイントさんも仕事時間に抜け出して、オシャベです。最近、グライダーに興味を持った、ペインターさん。思わずVサインです。これから一緒に、SALやりましょう。

P1080074 P1080076 こちらは、菊千代さんの2.2mのナツメグです。ウイングレットにスポイラーがあり、翼厚も充分ありますね。大きいから、安定抜群です

P1080073 Fさんの自作SAL機「ごんべい」。ちょっとフイルムが・・・。でも、それなりに、楽しんでいました。

P1080099 マリオさんの電動プライマス。それでは、小野さんのようにトルクロールに挑戦です。着陸時に、プロペラを折らないでね!

P1080098 P1080095

P1080087 P1080088_2

昼時のサーマルが発生しやすくなった時、ハイブリッジさんが初めてSAL機を手にしていました。おおっ、結構スジがいいかも・・・・。

P1080086P1080090  と、思ったらいきなりのナイフエッジです。するとタタミーさん、ここぞとばかりに、模範演技などしちゃっていました。お陰で、この後ずいぶん投げ込んでいましたよ。腕が痛くならなければいいのですが。

P1080085

P1080080001

ではハイブリッジさん、また近くにお越しの節は、是非よって下さいませ。SAL機用意して待っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

rush初飛行が・・・・!

P1080020_2 2 いよいよ、主翼の接合です。エポキシで、上反角を多めに付けて一枚翼に仕上げて見ました。固定ねじ穴を4mmあけます。

5P1080005 これは作り直した、主翼のマウントで、どうにか5gで出来ました。前回より、3g以上の軽量です。パイプが細いので、翼のネジがパイプに刺さると強度がなくなるので、かさ上げにしています。右のネジをその為に短くしています。

7005 P1070978

パイプは、5から7mmのテーパーカーボン。実は4ポイントさんから頂いたカイトの骨で、丈夫で7.5g。右が、フイルムを貼った尾翼で、7.1g。まあまあでしょう。

P1070988P1080008

メカマウントと翼マウントを付けました。いづれも瞬間の接着のみです。08mmピアノ線のアジャスター。メカ積み・リンケージは、昨年の10月30日のRUSH製作をご覧下さい。

P1070989 P1070990 

メカマウントを平らな板に置いて、水平尾翼を付けて、直角に尾翼を立てました。一部、フイルムをはがして、マイクログラスを巻いて補強。リンケージホーン(1mm航空ベニヤ自作)をつけて、セロテープでヒンジ。主翼は、尾翼に水平に取り付けてあります。

P1080016 なんだかんだで、完成。1号より強風用????1160mm・905mm・135g。

P1080021 P1080023

取り合えず、ジャべりで投げましたが、3回ほどで腕が・・・痛い!そこで、端っこをつまんでSAL回し。初めは、打か強すぎてエンドポイントを35%まで落として、どうにか落ち着きました。ついでにエキスポを20%かけて、ミキシングでエンコンからエレベーターに6%(エンコン50%以下から)をかけると、ずっと良くなりました。つまり、主翼がほんのちょっとUPなのでしょう。

P1080028 P1080029 

冬の日にしては大変穏やかで、何回と無くサーマルをゲットできました。また、菊千代さんのアドバイスで、4.5gの10円だまを頭に付けらたら、もうバッチリです。P1080031 しかし、調子付いて飛ばしていたら、Fさんと空中ゴッツンコ。あややや・・・・と立て直しらら、またもや接触。一度に2回も!!!これで、今夜のお楽しみが増えました。そこで、10円のおもりの替わりに、バルサでアンダーマウント作って見るつもりです。翼端もネジリ下げにして、飛行が分かりやすい赤いフイルム貼ることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

早朝のお散歩に天敵!

P1070838 朝日がまぶしい、おサカナさんとの早朝散歩。

1 2

軒先の杜若(カキツバタ)に、めじろちゃんが朝食を摂っていましたよ。逆さになったりして、よくもまあ落っこちないです。それだけ、軽いのかな?

P1070835見上げれば、青空にヒヨドリがいます。良く見ていると、糞が・・・・・落ちて・・・・来ました。わわっあっ。

P1070874P1070834

被害者は、駐車場の車。あやーこれは大変だー。

Photo ところ変わって、川にダイサギ親子(大鷺)がいました。この、大きいサギはコウノトリ目サギ科に分類される鳥で、一年中観察されるのよね。なんだか、寒そうでちょっとみすぼらしく見えるのは、マックだけかな。

カルガモが沢山いました。親子水入らずで、可愛いです。ワン。2_2

P1070840 これが、マックの天敵のネコです。猛然と敵意むき出しの、このポーズ。私もこの時ばかりは、気が狂って吼えまくったわよ。もー、小っちゃい癖に、生意気なのよね、ネコちゃんは!Photo_2 これは、私のオモチャです。端っこを持って振ってもらうと、なぜかマックは、飛びついてはしゃいじゃうのね。結構、楽しいのよね。

Photo_3 エエッ、「マックは単純」だって!!!そんなー、だってマックの手は、ジャンケンポンの出来ないのよ。ううーっ、噛み付くぞー、ワン。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »