« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月30日 (水)

無人ロボットの活躍

1

 土筆 (つくし)を見かけました。もう、春の訪れ・・・・。

2_2  20日、24日に、無人機で原発を空撮していました。 衛星利用の測位システム(GPS)を使って、デジタルカメラ2台を設置しての撮影だそうです。機体の製作は、R/Cの方ならご存知の「フジ・インバック」社の86CC単発エンジン機

B-Ⅱ型機 http://www.fuji-imvac.co.jp/uav_bgataki.htmです。

アメリカの偵察用の無人グローバルホークが20億円以上もしますが、国産のロボット機は、低予算でとても有益です。某yamamaの輸禁になっている、R/Cへリコプターでも、この程度の、またはもっと近くでの空撮は、充分可能でしょう。

 新聞記事には、その他に国産の無人ブルトーザー・パワーシャベルにダンプもあるとか。日本は、軍事でなくて民生産業の分野で優れています。が、R/C(ラジコン)イコール危険という見方があるのが、少し残念でなりません。放射能で人が近づけない原発に、R/Cロボットの活躍が期待されます。

 31日の木曜は、停電がありません。でも、朝方は冷えます・・・・。

東京電力の計画停電予定(3月31日分)

fish

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

福島相馬を見て思う

 先日の土日の様子と、今日の電力使用状況から、明日29日は停電が中止となりました。もちろん、A・B・Cに関係なく行なわれません。東京電力の計画停電予定(29日分)

でも、被災地では・・・・。

 息子が、福島相馬に仮設住宅を建てに昨日行き、メールで送ってきた写真です。

110327_1736_01_2

  多分、北上中に東の海岸を見て撮影したと思います。瓦がシッカリしているのに、2階の部分だけが探されて来たのだと思います。

110327_1707_01_2  手前に車が見えて、真ん中左に船底の赤い色が分かります。10m以上の大きさではないでしょうか!また右の木の下に屋根だけが見えており、田んぼの水面の周りには・・・・・。

 明らかに地震による津波の被害で、未だ手付かずのよう。このような災害沿岸が、南北200Km以上続いていると思うと、残念で仕方ありません。

 もっか、日本の自衛隊員23万人のうち、半数近くの10万以上が、懸命の作業をしていると、新聞にありました。その他に消防・警察・医療機関の協力に、海外からの応援もあります。一日も早い復興を祈って。合掌。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月26日 (土)

原発に思う 2

P1080795 愛らしいビオラを見つけました。今日は、寒気の北風が強く、東北沿岸の被災地灯油・ガソリンも少なくて大変でしょう。頑張って下さい。

さて、原発についてちょっと古いですが、元技術者の大変興味ある映像を見つけました。

テーマ:大前健一 福島原発事故の現状と今後

http://blog.livedoor.jp/gs1220/archives/50686603.html

 この中で、福島原発の現状と日本の将来像とも言うべき提案があります。自分はとても考えるところがあり、とても賛同する事も多くありましたので掲載します。実際に損はないと思いますので、是非一見下さい。20年30年先の世代の為にも。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月25日 (金)

巨大地震から2週間

1  路地裏で見つけた、ハナニラです。今日、福島の原発復旧作業員が、残念なことに被爆しました。東京の浄水所からも放射能が・・・・。痛ましいです。

2 3

今朝の国道のGSでは、半分以上が営業をして、待ち時間は0のようでした。取り敢えず、ガソリンは安心になりましたが、被災地はどうなのか気になります。

4

最近の夕刊は12ページで、震災の情報はめっきり減りました。段々普通の記事になっていくのが・・・。

P1080793 5  当初、此れだけの災害を予見できたでしょうか。震災の翌日には、見出しに大きく100人・200人と書かれていた報道も、最近はこんな囲い記事になっています。それも、24日から1日で500人も増えているのに。安否の取れない方々が、心配です。

6_2  やっと見つけた「核分裂の連鎖反応」という言葉。核分裂を止める効果がある「ホウ酸水注入」の掲示板への通電が完了?????  と、言うことは、核分裂が連鎖反応していることを意味しているのでしょうか!で、抑えるのが「ホウ酸」と水の冷却だけ・・・・・。

E=mc²  エネルギー(E) = 質量(m光速度(c)の 2乗

 核分裂は原子番号が一個下の原子に変わることで、その時に放出するエネルギーのことと思います。原爆は一瞬の連鎖反応ですが、原発は連鎖反応を制御して、その熱でタービンを回して発電しています。 因みに、広島の原子爆弾のウラン 235(約50kg)は、 実質質量は7g程度程度と思われています。ですから、素人の私は、福島の原発のウランのことが心配で、興味があります。なんといっても、「核分裂の連鎖反応」がはじまったら、次の原子に変わるまで、熱と放射能を出し続けると言う事です。

 また、臨界と言う言葉があります。此れは、未臨界(終息)、臨界(安定連鎖)、超臨界(自己増殖)とに分けられるそうで、今回は、臨界から超臨界への広がりが懸念され、メルトダウン(炉心溶融が起こった後に、冷却処理が取れなければ、核燃料の膨大な熱エネルギーによって原子炉容器や原子炉格納容器、原子炉建屋などの構造物も関連する爆発や火災で破壊し、最終的には外部に放射性物質を大量に放出こと)が、本当に怖いです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%82%89%E5%BF%83%E6%BA%B6%E8%9E%8D 炉心溶融

  今夕、某郵便局本店に行きましたら、眩いばかりに蛍光灯がいっぱい点いていました。もちろん、お客も職員もまばらでした。

7  屋外に置いていた、我が家のソーラーライト。今夜の停電に、室内の階段やトイレに用いて、大いに役立ちました。フランスでは、電力の80%が原子力と聞きました!!!。我が、日本は30%くらいでしょうか?それでも、江戸時代の生活をしようとは思いませんが、原子力がなくても住む事ができる暮らしをしたいものです。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月22日 (火)

原発に思う

1  震災から11日が経ちました。PM9:04分、また余震でしょうか揺れています。大自然の驚異にそ知らぬ振りして、春空に枝を伸ばして咲く梅の花は、私たちの希望です。

 でも、人工的に作って災害を止められるか心配なのが、福島の第一・第二原発(全部テ10炉)です。素人の私は、緊急停止と言ったらその場で電源OFFで切れる物と思っていましたが・・・・・。実は、水温を100度以下にして保つことだったんですね。津波でその冷やすポンプの施設が、どこにも見当たらず、全部流されてしまっていました。おまけに、使用済み核燃料も各炉心の建物の中の上に何百本も保存されて、これまた100度以下にして置かないと、高熱を出すとか?そして、なんといっても大事なのが、核分裂で生まれる放射線。 今回の福島にある原子力燃料の量は、あの悲惨な広島に比べて、どの位多いのか少ないのか、私は素朴な疑問を抱きます。福島がもしもの時、どの辺まで避難すれば大丈夫なのか、知らされていない現状。これを思うと、地元の方のお陰でつい先日まで電気を使っていたと思うと・・・・。それだけに、現場で活躍している多くの皆さんには、頭が下がります。

原子力(放射性物質)

http://www.s-yamaga.jp/kankyo/kankyo-genpatsu-5.htm

放射能と放射線の違い(東京電力)をホタルで説明しています!!!

http://www.chuden.co.jp/energy/nuclear/nuc_hosha/nuch_chigai/index.htmlウラン238の半減期は、地球誕生よりかかります!

22日の午後。ガソリンは順調に入荷し始めたようです。買い急ぎをせずとも、焦らず落ち着いて買いにいきましょう。

2 さて、今日も計画停電が行なわれました。多分明日も今日と変わらない気温と思いますので、停電には注意を。それから、これから多分もっと細かなグループ分けが予想されます。なるべく分かりやすく、効率の良い計画を考えてほしいものです。

 それでは、今まで以上に電気を、大切に使いましょう。早く原発が安定して止まる事を願って止みません。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月19日 (土)

災害時のミドリ公衆電話

P1080765 災害時の電話は、間違いなく一般も携帯も、緊急災害時電話でなければ通じません。しかし、最近見かけなくなったミドリ(グリーン)の公衆電話は、カードのみ通じました。一般電話や携帯の回線が一杯になると、電話局で相当回線を制限しますが、このミドリ公衆電話は、利用者が少なく、回線数は多くなっているようです。但しコインは駄目でした。ピンク電話は、個人が引いている電話なので、一般回線と同じと思います。

01 02

災害に備えて、携行缶を準備していました。そこでガソリンの確認にと、ノブを手で回して見ましたが、開きません!!!手首が痛くなって来ました。03 こそで、ブロックの穴を利用して、ようやく行なえました。いざと言う時に、事が上手く運ばないと、本当にあせります。もっと簡易なノブはないものでしょうか。とても女性では無理と思います。このガソリンは、本当に困った時まで給油しないで、大切に保管して取っておきます。

10_2 12_2

停電に備えて、ランプを作りました。車の12Vバッテリに、車のライトに車の配線で。充電器は、簡易式の100v用です。

5 6

ソケットがないので、半田付けをしています。電球の外がマイナスで、下の赤い線がプラスにします。バッテリ端子には、針金でギュウと縛る。

9 8

スイッチは、車用の接続端子をスイッチ代わりに用います。見てくれ悪いですが、取っ手が付いて持ち運べます。

10_3 13

充電を間違えないために、バッテリに赤と黒で +・- の記号。こんな感じになります。23Wなので、昔の裸電球の30%位ですが、少し高いところに置けば便利でしょう。

災害交通マップです。今日まで、通行できている所のようです。

http://www.google.co.jp/intl/ja/crisisresponse/japanquake2011_traffic.html

でも、災害救助優先に考えて、必要以外は利用をしない方が良いです。

さて今日は、計画停電をしなくても大丈夫でした。でも皆さん、みんなの為に節電に協力を。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月17日 (木)

停電スケジュール 17日から21日

Photo 21日までの、計画停電表を新聞から撮りました。参考になれば。

こちらはネットにつながります。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110317-00000010-maip-soci.view-000

P1070628 夕刻からの停電は、不安です。昨日ホームセンターで、懐中電灯を買うことが出来ました。自転車コーナーのところに、LEDの夜間ライト(発電式ではない)が、幾つも下がっており、多くの方が、気が付かなかったようです。単三が2本ですので、そんなに明るくはありませんが・・・。まだ、あるかもしれません。

また、庭においていたソーラーバッテリ式のライトも、階段等に置くと助かります。一段と寒い今夜、大停電にならないよう節電頑張りましょう。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

停電

幼い時に、停電とは台風の被害におきたものでした。でも今回の地震で、輪番・計画停電がはじまりました。向こう一ヶ月半以上は、一日3時間位が、関東を中心に行なわれて行く事でしょう。春を過ぎて初夏の頃には、消費電力は今の倍近くが必要との事。火力・水力(原子炉は、廃炉または復旧に2年かかる)発電所の復旧には、この夏に間に合うのでしょうか?また、間に合っても、原子力発電がないと絶対電力は不足でしょう。ですから、皆さんがこのままひっそな暮らしを続けられても、計画停電は続くのではないでしょうか。辛抱の始まりです。

P1080740多分、この度の正式名称は東北地方太平洋沖地震と思いますが、他に東日本大地震や東日本巨大地震とも報道されています。

日々刻々と被災状況が新聞に出ています。悲しいかな、16日夕刻には 死者行方不明者1万1952人 警察庁 と、報道されていました。今夕は北風が吹いて、東北太平洋地域はとてもつらい厳しい気候が続きそうです。

一日も早い、電力の復旧を願ってやみませんfish合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

M9.0 悲しい未曾有の地震

01TV・新聞でも、情報の分かっている所しか報道されずに、地図上の小さな町の情報は、ニュースになっていない事が、心配でした。三日目に入ってからの、三陸の小さな町の報道が悲しいです。

12 我が町は、かわら程度で断水もありませんでした。

しかし、日曜の朝には、ガソリンスタンドは油切れが多く見かけました。16号の左が込んでいるのは、スタンドがオープンしていての、300mの行列で殺到でした。 コンビニには、食料品が少なくなっていましたが、全ては2・3日すれば流通も落ち着く事でしょう。こんな時は、お年寄りを優先にしてあげたいですね。

fish合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

テールを短く軽量に

P1080699 桜の蕾が、やっと出てきた感じの金貨で、パンチを投げてみました。強風と言う事もあり、調整どころではありませんでしたが、夕方に田んぼランチでチェックしてみました。

1 12 どうしても、発進時に頭が下がるので、翼の後ろを紙で0.5PU。そして頭に9g積んで、ようやく落ち着きました。でも、いろいろ考えて、また菊千代さんの意見も考慮して、テールパイプ後ろを10%カットすることにしました。

3 4 それではと、思い切って後ろを、95mm切断してみました。約10%です。そしてそのテールが軽くなるので、おもりを外して軽量化になることでしょう。

2 翼の後ろを、今度は1mmPUしてみて、発進時のダウンがなくなることを期待しています。ロッドのたわみ緩みもシッカリ取りました。やはり、1mm以上はほしかったです。6 5 重心位置は、前縁から63mmで少しだけ(5mmほど前になり、頭6g分)、前になったので良しとしました。

重量は175gとなり、15g減量で10%軽くなり、予想どうりで納得です。

7_2 8 ついでに、あご下に、保護のカーボンシートを貼って見ました。

見た目は、やっぱりテールが短いのが分かりますね。これで、もっかの発進時のダウン傾向と浮きの悪さの両方を、補えるのでなはいかと一人期待している私です。fish

10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 8日 (火)

クールのその後2

1 最近の自作機は、キャノピーの下にバルサブロックで流線型にしています。これは菊千代さんのアイデアです。

2 3 今回も、6mmソフトバルサを2枚張り合わせて、改良です。

45カッターナイフでさくさく切って、ペーパーでシコシコ削って見ると、簡単に出来ます。あご下には、カーボンシートを瞬間で強化。また、バルサ面には、瞬間を塗って、サンドをかけて完成です。

6 見た感じはこんな按配に、仕上がりました。ハンドキャッチをした時の感じは、きっとGOOD!でしょうね。

7 8

スイッチの頭は、引っかかり易いので、短く作り直しをしました。飛行場への搬送の時に、マイクロスイッチがONになって、バッテリが上がってた・・・・・・とか、草むらに不時着して拾い上げたときにOFFなんて事が、私、実際にありましたので注意です。

9 10

これは、主翼の取り付け穴部分。木ネジが出っ張らないように、縁を10mmドリルの刃を手で回して、V字にしてあります。低翼なので、ここも引っかからないようにします。

11 12

4の字アジャスターは、収縮チューブを二重にして、止めています。もちろん瞬間を流してあります。右は、収納時にエルロンロッドがバラけ無いように、輪ゴムで止めているところ。

13 どうでしょうか。2・3g重たくなったけど、重心をもう少し前に持って来ようと考えていたので、自分では「よし!」です。花粉症の小春日和が、待ち遠しいです。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 7日 (月)

スパーと重心位置との事

もう、花の3月です。ホットに続いて秋にクール・スパイシーを製作しました。低翼のSAL機で、ラジコン技術の4月号に掲載されました。と、言っても何分素人ですので、勝手に自己満足していました。が、「クール」のその後に、あれやこれやと気が付いた事がありました。そこで、「クール・スパイシーのその後」を書いてみました。

P108065818coolspicy  一番は、翼の強度のことです。今でも、飛行出来る状態ですが、思いっきりは投げられません。

掲載記事の、フライトインプレッションの写真の様に、投げまわすペグのある左翼が、わずかに捻れています。つまり、翼の硬性が弱いと思うのです。その為に、切れつが・・・・・。

P1080655 P1080656

軽さに重きを置いた為、右翼の前の上下プランクにクラックが入り、修繕してあります。原因は、2mmのヒノキ板をスパー材に用いたことです。ちょうどリブとスパーが交差をする個所で、ヒノキにひびが入ったからです。おまけに、カーボンスパー材で、上下を補強していなかったのも、理由でしょう。それとプランク材に、これまた軽量にとソフトバルサを用いたのも、失敗でした。

1mm×100mm×900mmのバルサ板は、8gから21gまで重さがいろいろです。昨年から、この手のバルサを購入するに当たり、10セットで買っても12・3gの物は殆ど無く、重い(硬い)か軽い(柔らかい)かのどちらかしかありません。本当にいい物は、RCグライダー専門店等で、グレードの良い物を買ったほうが、ずっと安いでしょう。

P1080651 P1080652

次は、重心位置です。翼弦長200mmの前から約90mmの所が、現在の重心位置です。はじめ、中心より後ろの位置で、若干後ろの方が重いのが良いのかと、勝手に思って初飛行して、喜んでいました。

が、チョッと強めの向かい風やサーマルに遭遇したと時に、上手く言えませんが綺麗に旋回できません。うーん、なんか頭が少し上向いた旋回になるのですね。そして、その後に煽られて翼端失速になっちゃう感じかな。そんな訳で、今の位置になりました。同じAG18改翼の「RUSH-2」は、もっと前に重心が来ていて、とってもいい感じです。ですから、もっと前の方の75・80mmでもいいかも知れません。でも、今のままでも当然OKです。

3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

中々調子が出ないパンチ君

あれから、またもや強風の中で、トライしてみました。でも、どうしても、発進時に強いダウンの感じで、あの「キューン」と言う音が聞こえません。飛行モードにトリムを合わせると、どうも発進時にダウン・・・・。これは、水平尾翼が薄いので貧弱なせいかも。また尾翼部分のパイプもへちゃけているようで、少しぐらついていました。そこで、改良でッス。P1080644_2 真ん中が、少し小ぶりにした、3mmバルサのエレベーター部分。黒い線は、カーボンローピングして、翼端を強化してみました。

P1080643_2 P1080646_2

見た目はあまり変わりませんが、2gの増量です。強発進でも、これで大丈夫でしょう。

P1080645_2 縦に割れたのは、先日踏みつけてしまい、その後の修繕が不良だった為。今回は糸を巻いて、瞬間しました。

P1080647_2 P1080648_2

頭に8g積んで、重心を見ました。翼弦長170mmで、前から73mm位置です。ジャべりの「RUSH2」は、同じ翼弦長で約60mm位置で、バッチリで言うことなしです。ですから、パンチ君も、まだ後ろが重いかも・・・・・・。

P1080649_2 そんなわけで、重量187.2gとなりました。つまり10g増えたわけです。取り敢えず、この改良であの「キューン」音が聞けるかも?

今後、まだ後ろが重たい(発進時にダウンになったり)、浮きが悪ければ、パイプカットの強行手段を試みる積りです。そうすれば、10g軽くなって、浮きも飛行性能も良くなるかな。まずは、次回飛ばして検討です。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 3日 (木)

強風に負けたHard//パンチ!

1  ご存知、7.1gのフタバのグライダー受信機を、ネットでゲット。

さっそく積み込みます。

2 この受信機のコネクタ差込は、左右対称なんです!!!ですから、組み込んでから切り込みを知らずに無闇に差し込んでも、「入らない!」って事も、おきますので要チェックです。中央に来るのは、すべて黒線でマイナスと考えればOKでしょう。

うん!?!もちろん、私、間違えましたよ。

3

そんなこんなで、搭載完了。ラダーとエレベーターのニュートラルを調整をしておきます。これで良し。

4_2 いよいよ、3日の木曜の強風時に投げて見ました。とてもジャべりでの発進は出来ません。ペグを持っても、風になびいてとても不安定。でも、くるっと回って、「エイぃ!!」  すると大きく天井に向かって行きます。強風とアップ・トリムで、思わず宙返りです。「あわわ」っと思って風に対峙させて、30m後方に、無事不時着。二度目に、サブトリムをだいぶ下げて発進。翼の捻れか左に行こうとします(右翼がねじり上げなんです)。そこで、ラダーを右に10度位にして、どうにか強風に対峙出来る様になりました。

6 5しかし、5回目に、着陸時に煽られて、首骨折!カーボン繊維の一部がベニヤに残っていました。ハードパンチの名前にしては、余りにも貧弱でした。

89

瞬間を流してから、今度は首根っこにエポキシをタップリ。それとマウントが薄く、しなっているのも骨折の原因なので、バルサで下部を補強してみました。これで強度が増して、曲がるこがとなく、ハードになった!かな?

10 11

ついでに、スイッチの頭が出っ張って、誤ってOFFになる可能性があったので、ギリギリ凹ませてスッキリに。また、0.8mmカーボンロッドが、なぜかS字になってたわんでいたので、マウント下にセロで貼り付けました。今度は、大丈夫のようですが、1mm以上が本当は良いですね。

夕方、やや落ち着いた北風で、投げて見ました。おおー、上がった!明らかにRUSH2よりも高い。アトランテイス6に近い高度かな?でも、夕刻の寒さと風には勝てず、破損する前に早々引き上げました。次回は、穏やかな日に再度トライしてみましょっす。12 fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »