« クールのその後2 | トップページ | M9.0 悲しい未曾有の地震 »

2011年3月10日 (木)

テールを短く軽量に

P1080699 桜の蕾が、やっと出てきた感じの金貨で、パンチを投げてみました。強風と言う事もあり、調整どころではありませんでしたが、夕方に田んぼランチでチェックしてみました。

1 12 どうしても、発進時に頭が下がるので、翼の後ろを紙で0.5PU。そして頭に9g積んで、ようやく落ち着きました。でも、いろいろ考えて、また菊千代さんの意見も考慮して、テールパイプ後ろを10%カットすることにしました。

3 4 それではと、思い切って後ろを、95mm切断してみました。約10%です。そしてそのテールが軽くなるので、おもりを外して軽量化になることでしょう。

2 翼の後ろを、今度は1mmPUしてみて、発進時のダウンがなくなることを期待しています。ロッドのたわみ緩みもシッカリ取りました。やはり、1mm以上はほしかったです。6 5 重心位置は、前縁から63mmで少しだけ(5mmほど前になり、頭6g分)、前になったので良しとしました。

重量は175gとなり、15g減量で10%軽くなり、予想どうりで納得です。

7_2 8 ついでに、あご下に、保護のカーボンシートを貼って見ました。

見た目は、やっぱりテールが短いのが分かりますね。これで、もっかの発進時のダウン傾向と浮きの悪さの両方を、補えるのでなはいかと一人期待している私です。

10

|

« クールのその後2 | トップページ | M9.0 悲しい未曾有の地震 »

SAL機 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: テールを短く軽量に:

« クールのその後2 | トップページ | M9.0 悲しい未曾有の地震 »