« 「東北物産」馬目さんを見つけました! | トップページ | 馬目商店さんから届きました。マック復活! »

2011年4月17日 (日)

想定外の津波?地下千mの核処理!

Sanriku Great Tsunami.JPG

 これは、明治三陸地震(めいじさんりくじしん1896年明治29年))の写真です。M8.3クラスで、本州観測史上最高の遡上高である海抜38.2mに達したようです017_3001

 こっちは昭和三陸地震(しょうわさんりくじしん)、1933年昭和8年))の航空写真で上閉伊郡釜石町とありました。M8.1で、この時の最大遡上は、海抜28.7mを記録したそうです。今回はそれを凌いで、39.2mでした。

でも、およそ1142年前に、大きな貞観地震(じょうがんじしん869年)が、発生していたようです。ここをクリックすると、それらの歴史が良く分かり参考になると思います。

http://web.bureau.tohoku.ac.jp/manabi/manabi16/mm16-45.html

 一部抜粋 「仙台平野の表層堆積物中に厚さ数㎝の砂層が3層確認され、1番上位は貞観の津波堆積物です。 他のいずれも、同様の起源を有し、津波の堆積物です。放射性炭素を用いて年代を測定したところ、 過去3000年間に3度、津波が溯上したと試算されました。これらのうち先史時代と推定される2つの津波は、 堆積物分布域の広がりから、規模が貞観津波に匹敵すると推察されます。」
 想定外?・・・。千年に一度の事実が解ります。これから復興に当たり、シッカリ反省して10年・20年30年計画でも良いですから、後世の子孫から想定外と言われない町を作りたいものです。

 それと、災害地のゴミの問題。阪神淡路が3年かかり、今回は処分場所が少なく、大変で5年以上はかかるでしょう。また瓦礫は、5m以上積むと自然発火が起こるそうで、むやみに処分できないのも、問題です。

 処分問題と言えば、FUKUSIMAの放射能廃棄物(建物瓦礫類)。これは現行の廃棄物処理法に当てはまらず、捨て場がないのが問題。そして、最大の問題は使用済み核燃料棒です。どこに廃棄しますか?

03  これは、50年ほど前の英国の原発事故の施設です。夢のプルサーマル計画の成れの果ては・・・・・・。

02 凄いですね。自国の土地に1000m掘って、使用済み核燃料の貯蔵施設を作っちゃう!でも、それって廃棄処分場のことかな。それにしても、我が日本国はこの問題をとうするのでしょうか。日本は、地震国だから掘って埋められないのかな。そしたら大前研一さんが言っているように、ロシアにお願いして広大な凍土に埋めさせて頂くしかないのでしょうか?

 私たち国民は、電気の三割を原発に頼ってきた事実を考えると、他国にお願いは出来ないのでは。一日も早く、災害地のゴミや核の終処理場の解決が望まれて止みません。

|

« 「東北物産」馬目さんを見つけました! | トップページ | 馬目商店さんから届きました。マック復活! »

原発に反対です」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想定外の津波?地下千mの核処理!:

« 「東北物産」馬目さんを見つけました! | トップページ | 馬目商店さんから届きました。マック復活! »