« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月25日 (土)

梅雨の晴れ間の金貨!

2  やっと、金貨に行って来ました。もう、すでにFさんと菊千代さんか、投げています。

3 4

P1080042  強風でしたが、安定がある良い翼なので、後は腕次第。35mから40mの見えない境界線が・・・・。

1  これで、40m以上。そう、ここまで上がれば、結構楽しいですね。

P1080043  風に対峙して、じっと我慢です。思わず煽られて、後方に流されたら、一目散に帰還しないとアブナイ。

P1080053  乱気流激しい中、Fさんが藪の中に、埋没して大騒ぎ。車で自宅から脚立を持って来て目星を付けて、仮払い機で草の中をバリバリ突進捜索。その甲斐あって、やっと回収できました!

P1080056  久しぶりの金貨は、強風ではありましたが、涼しくのんびり過ごせました。良かったです。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月23日 (木)

宮古島のリンゴさんからの便りに、思い出ユリ!

P1070999  今朝も、朝からシトシト雨に、マックは退屈ですよー!

P1080011 10時頃には、オサカナさんは、グライダー飛ばしに行ってしもうた。たかがオモチャ、されどオモチャと言ってました。

01  南の島から写真が送られて来ました。青森のリンゴさんからです。金魚さん曰く「宮古島は、とってもきれいな海」なんだって!

03 02 もうとっくに梅雨明けしていますね。ブリーズベイマリーナホテルのプライベートビーチなって!!!マックも行きたいですねー。 遠くに橋があって、宮古島と来間島を結んでいます。見えますか?

1  午後は、やっと晴れて、金魚さんが植えたユリが咲いていました。何でも、めだかのお嫁さん「ネオンテトラ」から、母の日に貰ったユリですって。人それぞれの、思い出があるんですね・・・。

2_2  マックの思い・・出は・・・・アー、御腹がすいた、です。ワン!dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月18日 (土)

木更津の牛込海岸潮干狩り!

P1070981牛込海岸潮干狩りの詳細は、ここをクリック→http://www1.odn.ne.jp/ushigome.gk/    

 今朝から、長靴、バケツ、手ぬぐいなどを用意して、いざ潮干狩りに行こうとしましたら、やっやっや・・・・・!

13  なんと、パンクしているではありませんか?慌てて、スペアータイヤを準備。しかし、これまた空気抜けしていました。

2_24  そこで、JAFさんに連絡。20分後に見えて、応急処置をして貰いました。スペアーは、最寄のガソリンスタンドで、空気入れのパーツを交換して、これで安心して出発。

01_3 木更津の牛込海岸「潮干狩り」には、12時に到着。で、今度は、割引券を忘れてしもうたっ!うー、ここは、無理に漁業さんにお願いして、何とかOK。今日は厄日???

56  思った以上の賑わいに、おサカナもフナ君もせっせと、狩に励みました。その貝あって、4Kg の収穫です。

7 P1070963  今年のアサリは、ちょっと小ぶりな感じでした。洗い場で、80Cm のサメ君を見かけましたよ!驚き。

8 9  今回も、同じわくわくランドの「かもめ食堂」で昼食。少し値をはって、海鮮丼を頂きました。ボリューム満点、美味かった!

P107097110_2 2時半に、「うみはたる」に寄って帰る頃には、小雨が降って来ました。「やな事は2度あれば3度起こる!」が、気になります。 そうです、渋滞にはまってしまいました!帰路は予想外にも、3時間もかかって、これで3度目に・・・・。霞んだスカイツリーも、動かないのでパッチリ!

11   6時前に帰宅。フナ君お疲れ様です。 お土産に、カクテルモロコシ(生でもオイシイ)に種無しブドウを、買いました。今日は、とても忙しい一日でしたネ。でも、アサリの味噌汁が楽しみです。ハイ!fish

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年6月15日 (水)

兄との思い出

P1070914 中1になった頃、兄に誘われるままに、U コンを始めました。懐かしい!!!タイガーモスキット、メッサーシュミットも作っていましたネ。(ドイツのこのマークを見ると、サンダース軍曹を思い出します)

P1070916 これは、飛燕?です。当時は紙を張ってペンキみたいな塗料を塗っていたようです。エンジンは、もちろんフジ09です。プラグはいつも濡れるか、ヒートで切れるかして、実際には中々かかりませんでした。

P1070913_2  当時、4号線バイパス建設中の土の道路が、飛行場でした。でも、いくらやってもエンジンがかからず、結局いつしかやめてしまいました。

 その後、007に憧れてか、見よう見まねでトランシーバーに挑戦した事がありました。中3のころでしょうか。本を見て、秋葉原にいって、コテ・半田から基盤にトランジスターから買い集めて、一途に製作。でも、木箱のケースまで作ったのに、ウンともスンとも言わない。 失敗です!

P1070914_2

 で、自分はその後、バイクに夢中になり、使わなくなった半田コテや何やらは、知らないうちに兄に使われていました。そうです、ハムです。それで、兄は電気に強くなり、亡くなるまでそっち方面の仕事に携わって来ました。 そんな兄が、赤いチャンチャンコになった今年、この3日に旅立ちました。

 P1070915 おサカナの三兄弟は、二人になりました。小さかった弟は、今はおサカナよりも大きいです。

さて、そんな兄と一緒に始めはU コンが、今日の「サカサカナ」のキッカケです。それぞれの思い出や歩んだその後は、互いに多くを語ることもなく去ってしまい、残念でなりません。でも、キッカケを与えてくれた事に、兄さんありがとう!

合掌fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月13日 (月)

カーチス R3Cスピード複葉機

P1070722  中々、飛行機投げに行けなくなって、ストレスの日々が続いています。今回も、昔の名機をちょっと書きました。P1090419_2

P1070939  カーチスR3C-0は陸上機として誕生したR3C-1の水上機版で、カーチスR3C-2は賞金レース「シュナイダー・レース」にて1、2フィニッシュで優勝。1925年のことです。その後は、単翼機のスーパーマリンに負けています。

A_r3c21_2  大きなフロートのスパンの短い複葉形式が特徴です。
名称の非公然というのは、もともとR3Cというのはスピード競技専用の機体であるため、非武装であるにもかかわらず、この機体は機銃を装備しているからです。
 シュナイダー・レースに優勝した機体を購入して密かに改造したという経緯からも判るとおり、この時代これだけの高性能を誇る機体は何かと非合法なお仕事にも大変役に立ったのではないかと思います。

P1070713_2

 私、おサカナも、こんな飛行機に乗りたいです。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月10日 (金)

2011年、合同芝刈りの知らせ!

9 6月の合同草刈りを実施します。ご協力の程お願い申し上げます。

日時: 6月26日 午前9時より。

場所: 第1飛行場に集合願います。

内容:第1、2滑走路および周囲の草刈り。

P1070703 食事:豪華昼食?は、クラブで用意します。

※昼食の用意をする都合上、不参加の場合は、役員までご一報願います。

P1070645 (ブログに不参加との投稿をして頂いても結構です)

※ 草刈り用具のある方は、大変でも持参願います。雨天の時は、翌週?に延期して行います。(延期時は、早朝ブログにて告知致しますのでご確認願います。)

宜しくお願い致します。

境フライングクラブ:会長 佐々木より

P1070712 私、おサカナは仕事で不参加いたしますので、悪しからずfish

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年6月 9日 (木)

『翼よ、あれがパリの灯だ』

222  一昨日から、マックは不調です。お腹の調子が悪くて!!!多分、除草剤の付いた葉っぱを食べたからでしょう。苦しい毎日が4日続き、最近少し良くなって来ました。

 さて、この飛行機。ニューヨークからパリに飛んだ『翼よ!あれがパリの灯だ』の 「スピリットオブセントルイス号」です。でもこの『翼よ、あれがパリの灯だ』は、日本でしか用いられていません。

335

 チャールズ・リンドバーグが、最初の単独大西洋横断飛行に成功したのが、1927年5月20日です。飛行時間は33.5時間。さて、機首の部分を良く見てください。どうです?機体正面に窓が無いことと機体全長に対して翼長が長いことが外見上の大きな特徴ですね。プロペラ・ エンジン・巨大な燃料タンク・操縦席の順ですから、反射鏡で前方を見ての離着陸?

P1070470  だから、左右の窓からパリを見て「翼よ、あれがパリの灯だ」と、言ったとかどうか分かりません! 当時の燃費の悪さと、経費をかけない安い設計の為に、こうなったそうです。いつか、ラジコンも太平洋横断の日が、来るかも知れませんね。

BottomofSpiritofStLouis.JPG  現在スピリット・オブ・セントルイス号は、アメリカの国立航空宇宙博物館に保管・展示されているそうです。ちなみに、後年の太平洋戦争に参加?して「米豪軍による日本兵捕虜の虐殺・虐待をしばしば目撃し、その模様を日記に赤裸々に綴っていた」と言うことを知り、驚きました。

P1070868  、また、大西洋単独無着陸飛行について書いた "The Spirit of St. Louis"(邦題『翼よ、あれがパリの灯だ』)を出版し、これにより、1954年ピュリッツァー賞を受けたのも、スゴイですネ。フロンテア精神と心の広さを知りました。マックも、早くお腹治して、The Spirit of St. Louisを見習って頑張らなっくっちゃ・・・。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 4日 (土)

「原発に反対です」移動しました

P1070725  3.11からはじめました、カテゴリー「3.11に想う」と「私は原発に反対です」は、追加のMy friendsの”「宇宙の小さな☆見っけ」地球」”に、移動しました。

P1080061  青い地球を、未来永劫に残したい一心から、::「いつか実の成るユズの大馬鹿18年」::が、記します。では、小さなを宜しくね・・・ワン。dog

| | コメント (1) | トラックバック (0)

リノ・エアーレース機「BEEGEE」

P1070850 

 久しぶりの良い天気。マックは、アマリリスとツーショット。雨期が間じかです。

P1090418 おやー、これはBEEGEEでは?

NR2100 ジービー R-1 GeeBee R-1

アイコン
ジミー・ドゥーリトル Jimmy Doolittle

 「グランヴィル兄弟を代表するレーサー。ズン胴な胴体は平面形では当時流行の紡錘形をなしており、機首には R-1344 ワスプ Sr. 740hp が鎮座している。1932 年にジミー・ドゥーリトルの操縦で速度記録 475.24Km/h 達成、トンプソン杯で優勝などの栄光を掴んだが、翌年大陸横断レースへの挑戦時に離陸事故を起こして失われる」

Click here for full size photo!こっちは本物。でも なんだか、かっ飛んでいないと、落っこちそう!!!

P1070713

 ここしばらく、ランチが出来そうもないおサカナさん、残念ですね。ワンdog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月 2日 (木)

プロポの修理と、雨で飛ばせない時

P1090416雨期がやってきました。植物、特に人様の食べ物にとって必要ですが、私には・・・・・。

P1090412 先日、エレベータートリムが動かず、3000円でと言う事で、双葉さんに送りました。うん、急いで修理をお願いして、土曜に「はこBOON」で送って、昨日届きました。で、今日は残念な雨。

P1090407_2  で、暇なので明細請求を見てみました。・・・・交換部品が200円!!!そして、技術料が1800円で送料に税金で、合計2990円。双葉さんの言ったとおりの金額でした。それにしても、交換部品の値段が気になっちゃうなー。

P1090414  今回、機体を色別に塗って、分かり易くして見ました。百均の蛍光カラーを頭の下に吹き付けて、ご覧のように。赤・緑・青・黄色。

P1090408 そしてこの色を、プロポのモデル名(機体名)として入力しました。これでも、モデル名ち機体を間違えたら、歳のせいでしょうか? 後は、JRしかありませんね。

P1090410  ついでに、主翼のネジレも、ドライヤーで修正して見ました。アイロンは、低温でも発砲スチロールが、溶ける恐れがあるのでペケです。 自分の場合は2機分とも、右翼が下に折れてしまっています。もちろん、カーボンシートで補強をしていますが。ドライヤーで、確認しつつ行いました。それと、主翼のネジレは、後ろから見るのがいいですね。

 原因を考えると、ランチ時に中指が最後まで引っ掛かってしまうようです。それで、ペグ側の左翼が上向きになって、高速で発進するときに、右翼が付いていけずに、一瞬の右ロール!?!で、グッチャ!と折れるのかもと。

 P1090420 この雨でマックも暇そうです。やはり、お天気が一番かな。

P1090417_2 ヒューズ H-1(Hughes H-1)は、1935年ヒューズ航空機で製造された競争機。本機は世界速度記録とアメリカ大陸横断速度記録を樹立しました。  fish

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »