« 2800度のウランが発する放射能! | トップページ | リノ・エアーレース機「BEEGEE」 »

2011年6月 2日 (木)

プロポの修理と、雨で飛ばせない時

P1090416雨期がやってきました。植物、特に人様の食べ物にとって必要ですが、私には・・・・・。

P1090412 先日、エレベータートリムが動かず、3000円でと言う事で、双葉さんに送りました。うん、急いで修理をお願いして、土曜に「はこBOON」で送って、昨日届きました。で、今日は残念な雨。

P1090407_2  で、暇なので明細請求を見てみました。・・・・交換部品が200円!!!そして、技術料が1800円で送料に税金で、合計2990円。双葉さんの言ったとおりの金額でした。それにしても、交換部品の値段が気になっちゃうなー。

P1090414  今回、機体を色別に塗って、分かり易くして見ました。百均の蛍光カラーを頭の下に吹き付けて、ご覧のように。赤・緑・青・黄色。

P1090408 そしてこの色を、プロポのモデル名(機体名)として入力しました。これでも、モデル名ち機体を間違えたら、歳のせいでしょうか? 後は、JRしかありませんね。

P1090410  ついでに、主翼のネジレも、ドライヤーで修正して見ました。アイロンは、低温でも発砲スチロールが、溶ける恐れがあるのでペケです。 自分の場合は2機分とも、右翼が下に折れてしまっています。もちろん、カーボンシートで補強をしていますが。ドライヤーで、確認しつつ行いました。それと、主翼のネジレは、後ろから見るのがいいですね。

 原因を考えると、ランチ時に中指が最後まで引っ掛かってしまうようです。それで、ペグ側の左翼が上向きになって、高速で発進するときに、右翼が付いていけずに、一瞬の右ロール!?!で、グッチャ!と折れるのかもと。

 P1090420 この雨でマックも暇そうです。やはり、お天気が一番かな。

P1090417_2 ヒューズ H-1(Hughes H-1)は、1935年ヒューズ航空機で製造された競争機。本機は世界速度記録とアメリカ大陸横断速度記録を樹立しました。 

 

|

« 2800度のウランが発する放射能! | トップページ | リノ・エアーレース機「BEEGEE」 »

金貨飛行場」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プロポの修理と、雨で飛ばせない時:

« 2800度のウランが発する放射能! | トップページ | リノ・エアーレース機「BEEGEE」 »