« 野武士 3 | トップページ | マックの遠足 »

2011年10月27日 (木)

野武士 完成

1

             NoBuSi 完成

10           最終重量は、233.9g。

初飛行

 飛びは、誠にもっていい感じでしたねー。高度にこだわらず(35mかな?)にそこそこ投げて、浮きが良いのか粘って粘ればサーマルゲッド。これまた、少しのサーマルがあれば、追い風でも沈むことなくフワリフワリと上がるんですねー!あら、いい感じではありませんか!!!今回は重心調整のオモリは使っておらず、85mm。

 菊千代さん曰く「20gのオモリを積んだら、もっと風に強く高く上がる」そうです。今後、微調整をしながら、このへんもいろいろ楽しめそうです。ウッフッフ・・・。気になるのが一ヶ所あります。ラダーのたわみがとれません。これはカーボンロッドに変更をしたい所です。

野武士 3:一日一ヶ所ではありませんが、ようやく最後の製作になりました。

65 ポッド内のメカです。エルロンのサーボホーンは斜めに削ってあり、0.8mmのピアノ線を用いました。ラダー・エレベーターとの干渉はなく、こんな感じで、外に出してあります。スイッチは、コネクタで行う事にしました。

2_2 3  エルロンのみ四の字固めで、後はL字の差し込み式!ラダー・エレベーターのガイドチューブは、長万部さんのギガントを使用しました。ボンダブルチューブより径が太いのでダダリオ線にピッタリ。

4_2 7  ガイドにバルサを用いてたわみ止めして、線チューブは瞬間で胴体に接着。エルロンロッドのガイド等は、エポキシにカーボンパウダーを混ぜて、黒くしてくっ付けました。これで大方、完成。

8 最後に残ったのは、ペグです。これが無くては話にならない・・・・・。

 今回は、差込式にて作って見ました。1mmを2枚合わせて整形したペグに、0.5mmの差込用カーポンプレート。0.5mmではちょっと心配なので、補強のローピングをして1.8g。これを翼端にグイグイ差し込んで、黒いカーボンエポキシで固着。9_2 最後に、上から抜け止めに1.5mmのカーボンロッドを刺して終了。

|

« 野武士 3 | トップページ | マックの遠足 »

SAL機 」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野武士 完成:

« 野武士 3 | トップページ | マックの遠足 »