« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月27日 (月)

ATFその後、アラレを作る

P1100396 2月も終わりになる頃、アジサイの枝に芽を見つけました。枯れたと思っていたら生きていたんですねー!

 さて、先日のATFオイル交換後の、燃費の程は????

P1100398  ウヒヤー、11.45Km・・・・・期待はずれでした。それも12Kmを割ったゾー。本当に燃費は良くなるのか?騙されたか?もう暫くチェックをしてみるつもり。

 お正月の残った伸し餅で、アラレを作って見ました。

12 大分乾燥しており、大方1・2cm位に砕けていて、油のフライパンにパラパラ。火力が弱かったのか、時間がかかります。

3 4

 じっと辛抱していたら、こんがりキツネ色に揚がって来たぞー。よしよし、ここらで掬って、いっきに醤油を 「ジューシー」 になれ。

57   おっおー、いい香りに、この色がなんともいえないねー。美味しい!こてで、お正月の最後のお楽しみは、これでオシマイ。後は、3月の花粉症が気になる、今日この頃です。

 あっ、その前に、おひな祭りがありましたね。平安時代には川へ紙で作った人形を流す「流し雛」があったそうで、それが今の女の子の節句祭りになったようです。川に流す・・・平安時代・・・何だか、もの悲しくも切ない話が、ことの始まりのような。

 ともあれ今は豊かな時代の平成時代。何より元気・健康が一番と、おサカナは考えています。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

テンプレートって何?

 ブログを始めた頃、テンプレートが「どうのこうの」ってあって、暫くして画面の後ろデザインとわかりました。で、バギングでは???

P1100381  有名なドレラ博士の図面に、AG45の翼型が有ります。詳しくはこちらをどうぞ。

https://sites.google.com/site/supergeemaniac/sg2_drowing/main

 スーパーグリーンの詳細がわかります。主翼・水平・垂直の翼型なんかもです。で、この大事な翼型を作るのに、切り出し原型板?を、「テンプレート」って言うんですねー。

 では、まずは手始めに1.5mm航空ベニヤで、切り出してみました。

2 3コクヨのスプレーのり「仮止め用」 を使って、まずは垂直尾翼の翼型を貼って切り出し。でも、思った以上に大変だ!

4 5 慎重に切り出して、縁に瞬間接着剤を塗って、サンドでツルツルに仕上げました。と・・・・?そうか、左右同じモンを作らねばならない!!!上下に左右で4枚。こりゃー、えらい事になって来そうです。1  ようやく二晩かかって、出来ました。全部で14本ですよ。実は、ネットでいろいろ調べたら、0.8mm航空ベニヤでもOKと判り、主翼はこれにしました。で、段々要領も判り、人指し指でなぞると、ほんのわずかな歪も感じてしまい、、結構時間をかけました。ご覧のように、エルロン部分は、若干厚くなっていますが、これはちょっと膨らみ過ぎかもね。ランチモードと、とサーマル探しの滑空時の性能を引き出す?為でしょうか?うーん、それにしても同じ物を作っても、人によって出来具合が違う!?!

P1100382

 この翼AG45の開発は、9年も前なんですが、今もって多くのフライヤーが採用をしていますので、私おサカナもこれから始めています。勿論、菊千代さんのアドバイスですけれどね。いつ出来上がるのか、先が見えないなー。Sal001

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

春の「兆し」を見っけ!

01  朝日が、やっと少し早くなってきましたね!と言っても、早朝はまだ寒いです。ワン。

02 03 凍てついた雑草に、畑の白菜もじっと我慢の子。

 そんな中に、春の兆しを見つけましたよ。

04  水仙でしょうかねー?先日の雪の寒さに、遺伝子が春を伝えたのでしょう。綺麗な葉っぱが・・・・出てきていました。

0705

左は桜のつぼみ。右はボケ・・・・かな?

P1100320  刈取られた垣根の木にも、いっぱいのつぼみがなっていましたよ。自然は、もう春に支度を始めているんだわねー。いずれにせよ、きざし(兆し)は万・億・兆だからみどりがいっぱいになるのが楽しみだわねー。budtulipclover

08

 おー、長耳が「かゆいかゆい」。そう言えば、花粉症の季節になりますね。皆さんはアレルギー大丈夫?おサカナさん、そろそろ薬を飲まなくっちゃね。!!!マックはアレルギー遺伝子がないんだってさ。本当かな? dogワン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月16日 (木)

オートマのATFオイル交換価格とは

 先般、いつもの安いスタンドでATF無料チェックを受けました。走行距離73000キロ。交換オイル量は7リッターと言われて15000円くらいを、今月はキャンペーンなので40%OFF。で、工賃入れて11000円以上だとか?車自体には特に異常は無いのですが、7万Kmなのでちょっと心配しました。が、そのうちにという事でスタンドを後にしました。

 実は6年ほど、自分でエンジンオイルとATFオイルと間違えたことがありました。知らずにATFオイルのドレンボルトからピンクのオイルを抜いたら、あまりに一杯出て来るので心配。そこで、今度はエンジンオイル口から、エンジンオイルを4L入れちゃったんですね。で、翌日3キロも走らないのに、ガクガクゴトゴト言いはじめました。勿論慌てて近場のスタンドに立ち寄って、ATFを補給?交換して、事なきをえました。その時の車は、現在メダカさんが乗って、28万キロ!の現役です。ハイ!

 こんなことがあったので、その夜にパソコンで調べると、「5万キロ以上はへたに交換しないほうが無難」と、あちこちで見ました。友人に相談すると、「まずはマニュアルを読めばと」アドバイス。フムフム、そうだった!で、読んでみると、7万キロが交換の目安とあり、エンジンオイルも何と「1万から1万5千キロ」とあり唖然!私は、エンジンオイルは5000キロでいつも交換していたのに・・・・。

 それではと、メーカーに相談と思って電話をすることに。先方は当初14000円前後との事でしたが、昨日のスタンドの経緯を話すとしばし保留にされました。そして返事が、何と今月はキャンペーン中なので40%OFF!!!頭がクルっと計算して、何と8400円だー。オー安い!即効で予約をしたのは言うまでもありません(当然、交換手数料は込みと思い込んでいました)。

 約束の当日、実施をしてもらいました。ウーン、1時間もかからずに完了。担当者から請求明細書を見せられて・・・・・10540円???違うゾー。財布の中は1万円しか持っておらず、そこで予約の時の大まかな概算見積もりの経緯を説明すると、「ちょっとお持ち下さいませ」と言って事務室に。いったいいくらになるのかなー?

 少しすると、担当者がイソイソやって来て、「これでいかがでしょう?」を請求書を提出されました。そこには8595円とプリントしてありました。エエッ・・、驚きと共に、黙って(ニンマリ)支払いを済ませました。安かったー。そして、ついでにエンジンオイルの交換時期について質問すると、「マニュアル通りの10000~15000キロでもオイルの性能が良くなっているので大丈夫」だって。そうか、時代は日進進歩してるからなのか。やー、何年も損した気分だー。

 オイルの質については、正規のデーラーなので安心していますが、商品名を聞いておけば、今後の参考になったかも?それにしても、定価が有るのか無いのか・・・???

 で、ATF交換後の変化は、オートマギアーチェンジ状態に変化はないようです。私が期待していたのは、燃費が良くなることです。現在リッター当たり12から13キロ未満です。 次回にでも、燃費効率をご報告しますね。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

「コロの物語」ー挿入歌とおじさんの思い出

 ネットで、「コロの物語」の挿入歌を見つけました。

 ナレーションで、「連続放送劇、乾信一郎作・・・・・」と聞いて、本当にラジオで放送されたんだと、思わず実感しました。小柳徹ちゃんの歌声を聞きながら、当のおじさんを思いだしました。

 学生時代にお邪魔すると、いつもおばさんが出迎えられて、ちょっとうす暗い書斎に通されたものです。その書斎のドアーには、猫のための小さな出入り口があり、猫の部屋がありました。ですから、書斎のあちこちには、猫の置物や写真(カレンダーも)などが、所狭しと書籍の間を埋め尽くしていました。

 今考えると、不思議。そこには、犬の関係の物は一つも無く、犬のイの字もありませんでしたね。

 乾のおじさんは、すらっと背が高く男前でした。戦後のGHQが来て、NHKの番組内容まで検閲させられ、苦労話をよく聞きました。おじさんは、英語が出来たので、日本人通訳が「いい加減な通訳説明をするので、本当に困った」と、当時を懐かしんで語ってくれたものでした。敗戦国の悲しさかな、自由に物語が書けない時代、ユーモアと言う言葉に託して、何かを語っていた筈です。

 そんな会話のひと時、当時「スプラッシュ」と言うオレンジジュース?や美味しい紅茶をご馳走になり、さすが作家ともなると、飲むものも違うんだなーと思ったりしたもんです。おばさんから、「おじさんは結婚したての頃は、渋谷を方で風を切って歩いて、とてもカッコ良かったよ」、と聞いたことがあります。多分「新青年」に勤めた頃でしょうか。奥さんは、とっても綺麗な優しい方でした。

 さて、わが家の「コロの物語」マンガ編の第一集が、見当たりません!!!

Koro011 これが、表紙です。マンガは、永嶋慎二氏。、

 中学生時代から漫画家になることを決意し、新聞配達や豆腐売りの仕事をしながら漫画を描き、1952年、『さんしょのピリちゃん』で漫画家デビュー。その後、有名な『トキワ荘』に出入りするようになり手塚治虫の面識を得て、手塚のアシスタントとなった人です。

P1100271_21 でも、第2・3・4は工藤市郎氏のようです。

工藤市郎略歴:1922年(大正11年)徳島県生まれ。本名。号は素人(そじん)。1946年(昭和21年)中国より復員後、大阪で酒井七馬の主催するデッサン会に参加。代表作に『七色仮面』、『アラーの使者』等・・・がある。

 さて猫好きのおじさんが、何で犬を主人公にした話を書いたのか・・・?ネコを主人公にした「キャンデーの冒険」もあるようですが・・・。生前、そのことを聞かなかったことが、残念でもあります。ユーモアに考えると、この物語には、ネコは似合わないですよね。

 青春時代の小説、「敬天寮の君子たち」の表紙裏に「なぜ、ユーモア小説を書くのか。それは、世の中が悲しくてさびしいからにほかならない」とありました。

P2070002  これは、おサカナの父、故ナマズさんがS61年に80歳の記念に撮影した一枚。。そして、「敬天寮の君子たち」4回目(S62年)の出版に用いられた写真でもあります。

 晩年、意識も朦朧としていたおじさんを、お見舞いに行ったことがありました。そのとき時、おじさんはベッドに縛られ、その姿を目にして私は悲しく辛くて唖然としてしまいました!でも、近づいて「おじさん、おじさん、マーちゃんだよ」て言ったら、返事が返って来たのです。そして、ハッキリと

 「自分は、誰かに必要とされていなければ、生きる意味は無い・・・」

と聞き取れました。こんな、「悲しくてさびしい」言葉が、私との最後の言葉でした。思えば、いつも会っている時に、ユーモアは聞いたことが無かった。

 どこかに、この第一集がないものか、おじさんへの思い出に申し訳ない気がして・・・・。5月になったら、富士のお墓に言ってみるつもりです。勿論、おばさんもそこに眠っています。

dog

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

節分に犬のおまわりさん

P2030020  皆さん、日本海側・東北・北海道は大雪で大変ですね。今年は、山陰地方も大雪に見舞われています。そう言えば、青森のリンゴさんに、次回連絡をして様子を聞いて見ましょうね。

220pxsetsubunbean_and_mask_of_ogrek で、2日前は節分でしたね。マックは、お散歩が楽しみなんだよねー。この季節、路上のお豆が目的なのよ!ウッフッフ。

1_2  P2030112

 

3   ほらー、あった、あった!ラッキー豆だわーね。

 本来、節分とは「季節を分ける」ことを意味し、立春・立夏・立秋・立冬の前日であり、4回あるらしい。でも、現在では、立春の前日を指し、2月3日頃ちなり旧正月の大晦日って感じかな?昔なら、4回拾い食いできたのになー、ワン。

6

5

   

   

最近のご近所はお花が少なく、お散歩でこんなの見かけました。ずいぶんカラフルだこと。あー、早く春来ないかなー。

 そうそう、メダカさんから驚きの写真が届きました。120205_113801_2

先導車両が?????110925_105702  なんでも、「明星警備隊」だそうです。うーん。マックの目には・・・どう見ても、お回りさんだわねー。

 それから、おサカナさんが「コロの物語」の歌を動画で見つけたようです。次回、掲載するって喜んでいました。乞うご期待ね!

 もうそろそろ、浮かれる春が待ちどうしな、ワン!dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »