« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月27日 (日)

変わりモノ「日々の中で」

P1130420  昨年訪れた韓国ソウルのコンビにです。最近ファミマから経営独立したそうです。店内に入って驚いたのは、日本の十分の一の広さです。必要最小限の商品をPCで管理しているようで、値段も安い。「よろずや」を思い出しました。

P1130426  これもソウルで見ました。お店は分からなかったけど、オシャレな・・・オブジェですね。

P1120797_2  これは、ご近所で見かけた・・・・超軽量自動車???センターラインも関係なし!

P1120923  こちらは、大型トラックの破裂タイヤ。これ見ると、超軽量自動車は、怖くて乗れないですねー。

 怖いといえば・・・、植木職人さん。私も高いとこ好きだけど、仕事となると、落下しそう。P1110962

P1110527  新しい家が完成していました。うーん、日当たり良さそうですね。で、通り過ぎる時に、パチリしました。

P1110528  そうなんです。幅は二間弱位でしょうか???筋交がしっかりしているのでしょうけど、一瞬 唖然でした。

 まー世の中、いろいろ変わりモノがあって面白いですねー。でも健康が一番ですよー。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

金曜からダウン

 母と坂道後に、ダウン!!!

P1130972  金曜に喉のイガイガがあり、そのまま出勤して、11時に職場のフロアーを移動した途端、咳と鼻水が止まらず、思わす花粉症と思い、その日一日頑張って帰宅。

 そして、一晩寝込んで翌日、無理やり出勤した。これが命取り!!! で、内科でインフル検査を受診して重症の判断、5日の自宅待機を余儀なく・・・。特効薬タミフルも一日遅れのようで、3日目にして効いてきたが、喉が酷い。で昨日耳鼻咽頭かに行き、合併症があると、なんとも情けない。 で、上記の12種類の処方箋が・・・・。

 今日、4日目(22日)にしてようやく食欲も出てきましたが、喉と咳は未だ・・・。です。P1130974

 今回思ったのは、やっぱり江戸時代なら、人生45年で幕を閉じたのでしょう?当時は、衣食住は言うに及ばず、特効薬も無いのだから・・・・。

 これからはこの命、先人有ってのものだから、少しでも若人恩返し出来れば嬉しいな!まー、何が出来るかわかりませんが・・・。

 そんなおサカナの独り言fish 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

母と坂道

karaoke 何年振りかで、中央線の釣り堀を見つけました。たしか、50年以上前からあった!此処だけは、風景が変わっていませんでした。

P1130944  しかし、だいぶ変わっていました。ここは、父方の新年詣りに、母と登った坂道。この坂を行けば、お餅やお年玉、従兄の漫画が楽しみで、頑張って登った。

P1130946_2 後年、坂道を見ると、「さだまさし・ 無縁坂」が脳裏を過ぎり、何となく暗いけど良い曲だなーと思っていました。 今回、その父方の不幸に駆け付けて、この思い出の坂道を歩みました。  
 後年、母がバツイチと父から聞かされ・・・、兄弟みな唖然とした!戦後の混乱期の名残の時代でしょうか?思わず涙が零れました。

 「この坂を 登るたび 何時もため息をついた~」。私達兄弟には、そんなため息は聞こえませんでしたが、今思うと・・・。

 あー、おサカナも歳とったなーkaraokenotesnote

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

一人散歩

 マックがお嫁に行って・・・。朝日にのびる影一人。

P1110526 いつも、左手綱でノロノロノ・クンクンが・・・。今は、マイペースでちょっと寂しいですが、一人散歩です。

 

 昨秋植えた苗が、この寒さに負けじと育っていました。P1130889 小ぶりのキャベツ。うーん、虫食いがありますねー。

こちらは、ブロッコリー。

P1130890_2 これも小さいですね。でも、これからかな?寒い寒いと言いつつも、自然は逞しいです。でも、気がつけば、もう12日!!!

 仕事帰りの夕日です。

P1130902_4 少しPCで赤くしました。4時半頃です。最近は朝日・夕日を見ると、地球の自転を感じる今日この頃です。ちょっとオーバーかな。fish







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

朝日の当たる家・・・聴き比べ

P1110523

「朝日の当たる家」(英: The House of the Rising Sun)は、アメリカ合衆国のトラディショナルなフォーク・ソング。貧困故に娼婦に身を落とした女性が、その半生を振りかえって懺悔する哀歌。作者不詳である。1930年代には原型が出来ていたらしい。

 自分は、半世紀前に聴いた記憶があり、何故か好きです。実際には、この暗い情念に満ちた旋律を、三人の歌手が歌って有名になったんで

 1960年ジョーン・バエズがレコーディング

 続いて1962年にボブ・ディラン(下記サイトへ)

http://dic.nicovideo.jp/v/sm14517094 

 そして1964年にアニマルズ

 多分、自分が最初に聴いたのは、ジョーン・バエズだな。この声を聴いて、思わずPPMを思い出す・・・ー。

 そして、時々一緒に、イメージして心に浮かぶのが「赤とんぼ」です。

 「十五でネイヤーがお嫁に行き・・・・お里の便り・・・」。何故かだダブってしまうんですねー。

 さて、話を元に戻して、私はボブ・ディランが良かったです。皆さんは、「朝日の当たる家」何方のが良いですか???noteskaraokemusic

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

TBSラジオニュースの落差!

 最近シリアの内戦について、TBSラジオのニュースで悲惨な現状を聴きました。パン屋さんに並んでいる市民が何十人亡くなったと・・・。思わず、「なんて人間は残酷なんだろー?」と思いはせていました。

 と、続けて次のニュースが流れてきました。「九州の下関で、最も高級とされるトラフグが大漁。大いに市場は活気付いている・・・」。

 「絆 きずな キズナ」と事あるごとに盛んに連呼をしていたTBS。

 でも、この落差?!?な何!「人の死と高級魚」うむ!なんだ?頭が付いていけないぞー。 一人のリスナーとして、「やっぱり人間、残酷なんだなー、TBSも」と考えた。

 そんなおサカナの独り言。fish

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

オリオンを見上げて!

正月も終わり。寝しなにふらっと外に出て見ると、そこにオリオンがありました。P1110513
 4つの星の中に、斜めに3つの星が印象的で、誰でも覚えている冬の星座ですね!実際には三つ星の下にM42と言われるオリオン大星雲)があるのですが・・・。

 この星を見ると「冬の星座」が思い出されます。子供の頃かな、父に買って貰ったハーモニカを持って、一人遠くに行って「ぎこちなく」演奏(吹く)したものです。

 メロディーが良いです。

 19世紀に活躍したアメリカの作曲家ウィリアム・へイスによる1871年の原曲『Mollie Darling(Molly Darling)』。歌詞の内容は、モリーという女性に対して、「僕の事好きだって言ってくれ」と言う心境を歌ったラブソングだそうです。

 それを、日本語の訳詞を手がけたのは、作曲家・作詞家・音楽評論家で、浅田飴(あさだあめ)の創業者である堀内伊三郎の三男・堀内敬三(ほりうち けいぞう/1897-1983)氏。1897年だから100年以上も前だ!!!

 あっ、流れが・・・。

 冬の夜空には、これが似合うなー。勿論、飴を舐めながらねnotesmusicnight

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

「2013年」明けましておめでとう!

  ささやかながら、明けましておめでとう御座います。

P1130840      朝寝坊のご来光?です。

P1130837
 初詣でに行く事もなく、10時に起きました。新聞を取りに行くと、昨年から年越しのサザンカ(山茶花)が。新年も無いのでしょうか、ひっそり咲いていました。P1130838

 そして、 郵便受けに年賀状が届いていました。自分の年賀状には、決まり文句しか書けずに申し訳なく・・・思いつつ投函しましたのですが。いくつかの自筆のお言葉を頂戴しました。

 還暦過ぎた巳年の裏面を見ると、こんなコメントがありました。

 ある友人の言葉・・・。「来し方のこと みんな みーんな 夢の中・・・、雪夜には 宇宙から友が 会いに来る  云々・・・・・」

 また恩師からは、「「今年もお会いすることを 楽しみにしています」

 そうだね、「お会いする」。 今年の楽しみも「夢見る想い」で行こう!あの頃には、戻れないけれど、再会は楽しいから・・・。年賀状ありがとうです!

 さて、質素な我が家のおせちに、キンギョさんが奮発してカニのメインディッシュ。

P1130839 少しは元気にって来ました。これでお正月が本当に来たような。そして大好きなお雑煮が、嬉しいなー。みーんな、ありがとう!

 では皆さん、本年も宜しくお願いします。fish

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »