« 動画やっとOK。無線ラン接続後の速度 | トップページ | SSDをHDDと交換して見ました! »

2013年3月 7日 (木)

太陽と月と水

P1090335 太陽の恩恵から、樹木・植物が光合成を行って多くの草食を育み、それを頂く。しかも、尚も動物がそれらを食べて、そのお肉を人間は恵んで貰っています。太陽の熱と光りのお陰ですね。

 実際には、非常に大規模な太陽フレアが発生し、太陽風が爆発的に放出されてる磁波粒子線粒子などが、地球上や地球近傍の人工衛星等に甚大な被害をもたらすそうです。でも、太陽は恵みの象徴ですが・・・!

P1090005

 では、月はどうでしょう?月の直径 (3,474km)で、地球の4分の1強であり、質量でも81分の1。ホームランを打つと、何処までも飛んでいくらしい。面積は日本のの約100倍。また、月と地球の距離は年間約3.8cmずつ離れている。 地球は、この重力の影響を一番受けているようです。太陽系の衛星中で5番目に大きい月。

 で、その影響はと言うと、その月の引力による、潮の満ち引きがある。暦では太陰暦として、月を中心にしたカレンダーがあったくらいだから。でも、実生活には影響は少ない。ただし、未だにご節句とかお彼岸とか旧正月とう言うと、12進法の事もあって、おサカナには未だに分かりにくいです。ましてや、10進法やデジタルの2進法時代。「これからの人には、どうなっていくのかなー」と、危惧?しています。

P1080968 さて、最後の水です。水(海:塩分3%)は地表の70.8%を占て2.42倍程あります。27億年前以後、シアノバクテリアによる光合成が盛んに行われて、海から地上に酸素が生産されて、今日がある。
 こんな海水も、太陽によって蒸発して雲となり、雨水となって地上の楽園を担っているのですね。太平洋では、地球の自転と太陽の影響で「エルニーニョ」現象が発生して、大気気温に影響して植物である野菜の値段に跳ね返ってくる・・・。

P1090012
 さて、こうして見ると「月」とは?、太陰暦の月の影響ってなんだったんでしょうかね。歳のせいでしょうか?最近は「節分」とが「端午の節句」「お彼岸」などの年中行事が、気になります。 まー、満月を見上げた時は、宇宙に存在しているちっぽけな存在が感じられて、そんな時に満足しています。

 そんな、太陽と月と水のお話でしたfish

|

« 動画やっとOK。無線ラン接続後の速度 | トップページ | SSDをHDDと交換して見ました! »

おサカナの独り言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194720/50632327

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽と月と水:

« 動画やっとOK。無線ラン接続後の速度 | トップページ | SSDをHDDと交換して見ました! »