« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月21日 (金)

Osakana修理 3

  オサカナの修理に、接着剤を購入です。100均で!ついでに、単三電池と回転計の9V電池も100円・・・。瞬間もいろいろあり、迷ってしまう。結果そして、手前のドロップ式か一番。
P2020001  
 さっそく、A・Bエポキシで、エラの部分を修繕してみる。11 冬と言う事で、エポキシにて固着しました。冬なので時間がかかった。
3_2 
1
22_2 P2060005
 こっちは瞬間で、残っていたバルサで修理。

2 33

 最後に、余ったフィルムで、こうなりました。
P2060004 背びれ部分です。
4 P2080029
 何だかんだを3か所を修理完了。
P2060006 これで、一応めでたしです。ちょっをお目目を変えて有りますが・・・・。
 次回は、エレベーターサーボを交換して、フライトチェックかなfish


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月11日 (火)

栄小学校解体前に教室解放のお知らせ

昨夜、カリ先生から下記のような連絡を頂きました。

栄小学校解体前に教室解放のお知らせ

「2月24日から3月1日まで旧校舎の教室の、一般公開がおこなわれる」

との事です。時間の取れる方は、思い出に行って見てはどうでしょう!0908

栄小学校のサイト

http://www.soka-stm.ed.jp/sakae-syo/

団地のKiyama

 

オサカナでしたfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月10日 (月)

ジュピター Jupiter

11

 温故知新?!?ルネッサンス!?!若者の特権「チャレンジ精神」。それに、この雪の夜に融合して、オサカナは好きですねー。ネットから写真を用いて、編集しちゃった!

 2004年2月度にオリコン月間シングルチャート第1位の曲です。イギリスを代表する作曲家グスターヴ・ホルスト(1874年9月21日 - 1934年5月25日)の「木星」(管弦楽組曲『惑星』の第4曲)に歌詞をつけて歌っちゃった!100年以上前だから、著作権は切れていますね。全画面は、動画の画面右下のユーチューブをクリックしてみてくださいね。

 
 吉元由美の作詞に、平原綾香さんが  “私の両手で何ができるの?”
“ありのままでずっと愛されている”“いつまでも歌うわあなたのために”  などが織り込まれているようです。

『Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
深い胸の奥で つながってる
果てしない時を 越えて輝く星が
出会えた奇跡 教えてくれる

Every day I listen to my heart
ひとりじゃない
この宇宙(そら)の御胸(みむね)に抱かれて

私のこの両手で 何ができるの?
痛みに触れさせて そっと目を閉じて
夢を失うよりも 悲しいことは
自分を信じて あげられないこと

愛を学ぶために 孤独があるなら
意味のないことなど 起こりはしない

心の静寂(しじま)に 耳を澄まして

私を呼んだなら どこへでも行くわ
あなたのその涙 私のものに

今は自分を 抱きしめて
命のぬくもり 感じて

私たちは誰も ひとりじゃない
ありのままでずっと 愛されてる
望むように生きて 輝く未来を
いつまでも歌うわ あなたのために』
3
 木星は、太陽系の第五惑星で直径が地球の11倍もある太陽系最大の惑星で、ほとんどが大気の組成 水素(90%)、ヘリウム(10%)で出来ている。気温は、 1万9000℃:金属水素の最下層、1万℃:液体水素の最下層、1500℃:液体水素の表面、-130℃:雲の最上層 だとかで、自転周期は10時間程なので自転周期の遠心力で赤道方向に扁平になっているとか。あー、夢が無くなる!

D0018097_2232281     雪明けの、見上げた夜の星空に・・・。
オサカナは吸い込まれそうです
fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 5日 (水)

Osakana修理 2

 栄君、これが翡翠のアップの限界です。
P1110826 Osakana修理の2です。
 実はこの修理に際して、何度も作動チェックをしました。何回かスイッチON/OFFにして、各蛇の動きを確認していました。するとエレベーターの動きが、ものすごーく遅くなっていた・・・?

06 これって、墜落動画でアップを引いている時の感じにそっくりです。本当にゆっくりと作動する。で、電源を入れ直すと正常に動く!!!その後、何度やっても、異常なし・・・。
 さては、オサカナ墜落の原因は、サーボ。
01  そこで、お腹を割いて、ラダー・エレベーターのサーボS3001を取り出します。そして、素人のグリスアップ。今でもS3001使っている人はいるのかなー?
02_2 グリスと言っても、水上バイクの耐水グリス(YAMAHA)にクロッツオイルを混ぜて、キレイに塗り付け付けました。
03_2  まー、何と適当なことでしょう!!!最後に四隅を締めて終了です。
04  で、サーボのチェックを何度かしました。で、OKかと思いきや、またもやエレベーターが、超デレイな動きに一瞬なった!!!サーボは古い物なので・・・・・・・・・・・・・。
 試に、受信機にラダーコネクタと差し替えて見たりして、チェックをしたが分からない。
 うん!?!延長コードがあったサーボからのコネクタは、抜け止め処置をしているので問題はないと思いつつ、試に持ち上げていじくって見たらエレベーターサーボが、何とジージーと鳴ったではありませんか。ややや???ここが臭いぞ~。さっそくメンテ開始。
05  切開して見ても、抜けや緩みは見当たりませんでした。が、念のため接点復活スプレーなるものを吹き付け、再度シッカリ接続。スポンジの襖隙間テープ(100均)を利用して、糸で縛って見ました。その後、作動チェック何度も行って見たものの、今のところは異常なしです。大丈夫かなー・・・・・。何だか、自分本来の地が出て、おサカナは自分が怖いです。
P2050003
 次回は、胴体の修理です。fish


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »