« ええっ、HDDボックスが1.8と2.5インチの二つあるの? | トップページ | 一度やって見たかったCPU交換 »

2014年8月15日 (金)

昭和39年の思い出品、東京オリンピック

 来る2020年は、東京オリンピックですね。それも、真夏に開催だそうで、ちょっと心配ですが。

 そう言えば、ワッペンが有ったような???いろいろ探して見っけましたheart04東京オリンピックは1964年。うおー、タグ付きのワッペンだったんですね。これは多分、小学校でオリンピック観戦に選ばれなかった生徒に、配られたのか、記憶は無いのだが(自分は洩れた)。

P7170021 

 自分は、この1964と言う数字が、気に入っていた。と言うのは6と4たして1繰り上がって、2000年になるからです。小学校の高学年でも、36年後の事なんか想像も出来なかったのに、50年過ぎてしまった訳だ!で、ワッペンついでに、コインをチェックして見ました。

 

 すると有りました。これです。特に珍しい訳けではないですが、御縁玉です。それに、穴開き50円。

 

P8050003_2 P8050002
 

 如何です?懐かしい方いますか。それに、稲穂の100硬貨(品位: 60%、銅 30%、亜鉛 10%、重さ4.8g)もありました。

P8050005 今日の銀価格は1g73円だそうで、4.8×0.6×73円では・・・210円?!?おー、得したのかな?うん!当時のラーメンは、50円???物価を考えると、思い出価値が下がるので、止めましょう。で、最後がこれ。オリンピックコイン。

P8050001

 奇麗でしょう!日本初の記念貨幣発行品なんですよ。東京オリンピックのコインです!当時は、1000円コイン(1000円銀貨製造は円形作成までの段階の作業は民間業者に委託された)も発売されたんですが・・・残念ながらおサカナは持ってません。詳細はこちらを:東京オリンピック記念貨幣 - Wikipedia

 

 で、因みに100円コインも稲穂と同じで、銀価格では210円です。キレイなのは、漬物の如くお酢に一晩漬けて見たからです。
 『さー、2020年まで持っていれば、もっと価値が上がるぞー』と、真夏の夜に一人おサカナはホホエムのであります。1000円銀貨持ってるお方、大切にね。
fish

|

« ええっ、HDDボックスが1.8と2.5インチの二つあるの? | トップページ | 一度やって見たかったCPU交換 »

栄小学校1965年 雁の子36名」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194720/57089814

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和39年の思い出品、東京オリンピック:

« ええっ、HDDボックスが1.8と2.5インチの二つあるの? | トップページ | 一度やって見たかったCPU交換 »