« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月26日 (金)

曼じゅしゃげ見学に行ってきました。

 前回は堅いお話でしたね。今回は、曼じゅしゃげに行ってきました。
    

P9240003_3P9240004_3 こんな、ピンクが在るのですねー?P9240016_2 子孫を残したのか、じっとしていて寒そうな。
P9240012_2P9240008_2

 帰りに見かけた、桜のひらひら一葉。P9240033_2 行楽のシーズン、あなたは何処へ?fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月19日 (金)

明治の初め頃と世界は?

 縁合って「坂の上の雲」(1968年昭和43年)から1972年(昭和47年)にかけ『産経新聞』に連載)を読んだ。日清日露の物がたりです。司馬遼太郎の発効後、40年のたって読んで、今さながらに驚いている自分が居ました!

P9180002

P9180003

 日本史を学んで江戸?で終わった歴史。歴史は、常に丸暗記と決まっていやようだったが。

 さて、幕末にペリーややってくる前に、対馬をロシアが占領したんだ。でその時、世界のイギリス帝国が解放してくれた。ロシアに進出をされたくなかったからだ。でも、実はロシアはクルミヤ戦争(今でもそうだか)で、極東に力を入れられなかった。ふー、助かった。

 そして、この頃から日本政府は胎動を始めたようです。

 しかし、ロシアの南下政策(不凍港を求めて)は、モンゴル・満州・朝鮮・日本へと。白人優越の主義の基にしてね。まー、その頃はイギリス・フランスにドイツ、そしてやや遅れてアメリカが・・・ここ極東を狙っていた。

 明治維新は、その時どうしたか!

 読後、愛読書の陳舜臣に「江は流れず」という日清戦争物があった。で、これを読むと「史実を基にしているようだけど、中国の資料がやたら多い」のに気が付いた。

P9190004
 なぜ日本は、韓国(朝鮮王国)を注視したか?それは、具体的にはどんな形で実施されたのか?。???これって、日本の立場があまり表現されていない感じ。

 さて、日本の「士農工商」と違った、半島には「両班」制度(一般的に両班中人常人賎人の)がり、その両班派閥が朝鮮で統一出来なかった事が大きい様な。日本では、薩長藩があったが、西欧に対応すべく一丸となった。ここに大きな違いだがある。根は李氏朝鮮時代のあり方に・・・。参考動画です。

第1話 なぜ今、日韓近現代史なのか?~昔も今も韓国は韓国【CGS 宮脇淳子】

視聴後の判断は、お任せします。ただ、事実を知ることは大切と思います。

  •  明治時代は1868年からですので、今日では146年経た訳ですね。先の戦争と言いますけれど、それは69年前です。
  •  146引く69は77年間。その77年は戦争に明け暮れ、敗戦までに国民が『国民国家』の為に命を・・・。最後に負けてからの69年間は、アメリカの軍事に身を潜め、経済大国をした(当然アメリカも儲けているが)。
  •  あー、あの8月の15日から、日本は何処に向かっているのだろー?東京裁判は、国際法廷ではない!?!勝てば正義なら、『矛盾』」は無いのだが。
  •  最近は、明治の初め頃を、夜な夜な無順しているオサカナですfish
  • | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2014年9月11日 (木)

    新米、1週間の違いが味に!

    P9100005 中秋の名月も見ることなく、気が付けは稲刈りがはじまっていました。で、作況指数は「102・3」で3年連続の豊作の様子です。で、キンギョさんに言われて、今年もいつもの兼業農家に買い付けに走ったしだいです。ここでの作付けは、EM菌を昨年のわらに発酵?させての、化学肥料を後いていないのが特徴で美味しい。 

     で、実際ので出来具合を聞いたら、「今年はウマいよ」と言われ、玄米を見せらせました。これです。

    P9100003 ギョギョギョ!です。薄く茶色っぽい艶のある米粒は、握りしめるとちょっと油っこい感触がして、緑のもありました。白っぽくない。色艶が、明らかに違うのです!

     また、お米の元種は毎年取り寄せているそうです。農家によっては、今年が上手く(美味く)行ったから、それを元種にして翌年も植えるそうな。そうなれば、自然に品質が落ちていくとの事でありました。

     今回取り寄せて見たら、何か変と気が付き、『もう少しで騙されるところだった』と聞かされて、思わずお隣の国もビックリ!?!

     P9110006 今年は二年豊作後で、今年は少し安くして呉れましたが、「良いものは高い」のが当たり前なのに、有り難かったです。量が出来るのと質が良いのは別ですから・・・。

     それと、このお米が幸いしたのは、田植えを連休明けに(1週間遅らせた)実施したのが、良かったそうです。その理由は、稲穂の受粉後(7月中頃)の1週間に平穏なお天気が続いた為だそうです。他の連休前のイネは、その時期(7月初め)天候が荒れて、稲穂の小さな実が上手く育たなかった・・・。昔は連休が無かったのに・・・ね。

         たった1週間の違いが味に!と言う訳です。

     最後にワンコイン精米所のお話。精米されたお米は、充分注意されたし!時に、古米等の虫の湧いた悪い玄米を精米した後に行ったら、一発だそうです。対処方法は、大きな袋の中にレジ袋を用意して、初めの一升位はここの入れて、別にする事だそうです。

     たかがお米、されどお米。農家の方、ご苦労様です。fish

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    2014年9月 4日 (木)

    すばらしき恩寵(アメイジング・グレイス)

     この曲を知ったのは、ご存じ山崎豊子の「白い巨塔」のTV版からかな???

     『アメイジング・グレイス』が讃美歌とは知りませんでした。美しい旋律に高音の透き通る声が、心に浸み込んでいた一曲でした。

     『・・・でした』、と言うのは、この曲の誕生を最近知ったからなのです。以下、ウイキペディアから引用。

     『イギリスの牧師ジョン・ニュートン (John Newton1725 – 1807)の作詞による賛美歌である。特にアメリカ合衆国で最も慕われ愛唱されている曲の一つであり"grace"とは神の恵み」「恩寵」の意み』

    とあり・・・

     『しかし作詞者ジョン・ニュートン (John Newton,1725–1807は、若くして黒人奴隷を輸送するいわゆる「奴隷貿易」に携わって、富を得るようになった』『彼が22歳の時に船が嵐に遭い浸水、転覆の危険に陥った。敬虔なクリスチャンの母を持った為か、彼は心の底から神に祈りを捧げこの船は運よく難を逃れた』

     『その後の6年間も依然として奴隷貿易に従事し続けた。のちに、1755年、ニュートンは病気を理由に船を降り、勉学と多額の献金を重ねて牧師となった」

     『1772年に「アメイジング・グレイス」が作詞された。歌詞中では、黒人奴隷貿易に関わったことに対する悔恨と(注:具体的な歌詞は無い)、それにも拘らず赦しを与えた神の愛に対する歌詞・感謝が歌われている・・・云々。

     如何でしょう???お金目当ての奴隷商人が、悔い改めると神の赦しが与えられると正当化しているようで・・・・・。船倉の彼らは、助けを神に求めた筈だが・・・。

     では、お聞きください。

     如何でしょう。良いですよね。オサカナは、何故この曲がいつまでも忘れなかったのか、ここに来てようやく分かったようなきがします。この、まりにも非の打ち所のないメドレーと共に透き通る美しい声に、隠されていた『悲惨な命の情念』を。

     宗教や神は、『すべての罪を赦し賜う』のか?この歌が、永遠に讃美歌としてではなく、人間の非情さを後世に語り継がれると、良いんじゃないがと思いました。

     因みに作曲者は不明ですが、一説にはアイルランドかスコットランド民謡に由来するようです。

     おサカナは残暑の無い白露(はくろ)を前に、『人の業」を想うのであります。fish

    | | コメント (0) | トラックバック (0)

    « 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »