« 「G線上のアリア」 Bach | トップページ | 単二の電池交換 ニッカドからニッケル水素へのドライバー »

2015年10月19日 (月)

ソーダ―号 5 完成/初飛行

いよいよフイルムも貼り終わりました。これは、主翼にバスコークしている所です。

Pa170084
エンジン回りは、非常に狭くコンパクトで搭載しづらかったが何とか。SODAキャノピーもエポキシでつけて、少しはカッコよく?!?

Pa180086 エンジンは、一応ゴムで挟んで振動対策を施した?エンジン穴を3.2mmから3.5mmに広げて、こんな感じです。

Pa150074 Pa150077

右後部に収めてある受信機等のすべての配線が・・・。エンコンサーボが小さいです。結構きついなー。左は燃料タンク。

Pa180085
ソーダのシール。
Pa190097_2 Pa180087
脚部を付けて、完成です。機首部が赤いのは、日陰のせい。Pa190100

翼長1200mm長さ1120mm。重量1270g(主翼345g*胴体935gで270gオーバー!)で25エンジン。重心OKです。

初飛行の感想。

1:パワー不足?!ニードル調整(ハイとロー)決まっていないのか3回ともエンストです。ペラは9*6で12000回転以上出ているのですが・・・!もう一つの手持ちのペラは11*3で、アクロ用に使ってみようと思うのです。本当は、10*4か5があればいいのだが・・・。

2:そしてもう一つ、これは液面差にもよるみたい。主翼全部にタンクが有り、エンジンまでの距離が長すぎ?これは、どうしようもないが、逆止弁でマフラー圧をタンクに貯めるのは如何かなー。

次回は、舵角やニードル調整をシッカリ行って見ようかな。

 さて、今日も電動グライダーが舞っていました。Pa1901063mの電動グライダー。Pa190107さすが、3mもあると飛行姿勢が実機に近いような気がしますよ。

帰りに、道路修復作業を会長さんが「ツルハシ」で・・・。

Pa190111

有難うです

|

« 「G線上のアリア」 Bach | トップページ | 単二の電池交換 ニッカドからニッケル水素へのドライバー »

金貨飛行場」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソーダ―号 5 完成/初飛行:

« 「G線上のアリア」 Bach | トップページ | 単二の電池交換 ニッカドからニッケル水素へのドライバー »