« ソーダ―号 4 | トップページ | ソーダ―号 5 完成/初飛行 »

2015年10月18日 (日)

「G線上のアリア」 Bach

 『世界には、三つのBで始まる音楽家がいるの知ってるか?』と、言うsign02 あまりに突拍子の無い質問に、思わず答えに窮した覚えがある。その兄曰く、「それは、バッハ・ベートーベン・そしてビートルズだよ」と。確かにだ!

 バッハは、宮廷音楽家ですね。パトロンがいて、多くが宗教的な作品が多く、ベートーベンは、パトロンとの主従関係(および、そのための音楽)を拒否した、当時としては珍しい、一人の人間としての作曲家であった様だ。ビートルズは言わずもかな、若者世代の代表ですね。

 ヨハン・ゼバスティアン・バッハ—J.S.バッハ1685年3月31日 - 1750年7月28日

Bach_2
 ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン1770年12月16日[2] - 1827年3月26日
Photo
 ザ・ビートルズ(ジョン・レノンポール・マッカートニージョージ・ハリスンリンゴ・スター1960年代に活動したロックバンド)

Photo_2

 当時は音楽に興味もない自分には、古いクラッシックに当時爆発的に流行していたビートルズが入っていた事が、とても衝撃だった。つまり、良い音楽家とは、世界で認められている事で、100年後200年後にも残るという事なんだと。

 さて、その中でBACHの曲に「G線上のアリア」が有る事を最近知りました。寝しなに聴くと、何とも快い名曲だと思っていて、題名と曲の出だしがマッチして、特に記憶に残っていたのです。

 では、どうぞ。

 因みに、Gとはドレミファソのソで、アリアは独唱曲で、意味は「空気」で英語で言う「air」だそうです。目覚めの早い日々現世を離れて、古典も良いもんですね。英語では、"Air on G String" 。

おはよう! fish

|

« ソーダ―号 4 | トップページ | ソーダ―号 5 完成/初飛行 »

The Song Of My Heart.」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194720/62096491

この記事へのトラックバック一覧です: 「G線上のアリア」 Bach :

« ソーダ―号 4 | トップページ | ソーダ―号 5 完成/初飛行 »