« 7:35分の日の出 | トップページ | 枯れ枝に 木の葉の雀 »

2015年12月17日 (木)

西郷さんとイルミネーション?と降参トリオ

Pc160036

 「年の瀬に 照らされ黙視 維新とは」 なーんちゃってね。上野のお山に登って見たら、イルミネーションに西郷どんが・・・。どう見ても不釣り合いな感じで、人はまだらでした。

 さて、一年振りの再会に上野の居酒屋に集合した「降参トリオ」。師走とは言え、暖かい夕闇に予約の「…隼人」にて、乾杯です。

Pc160041 ワイルド君の早い予約が、功を奏したのか、本人いたってご不満。その理由は、メニューが二重メニューになっていたからです。次回は、浅草だーと言いながら、店員(台湾系)に愚痴っていました。確かに・・・飲み物も食べ物も中途半端でしたねー。で、パイプマンは、フリフリ定員が気に入ったようで、満足?でもなー、締めの鍋(けんちん汁)にうどんは、ないよなー。

 続いて、お決まりのカラオケ。たどり着くまでの客引きの多い事・・・ウンザリです。さて私、おサカナも最近元気が出てきたからか、彼らに乗せられてマイクを握ってしましました。

Pc160042 ここでパイプマンが、良い曲を歌いました。「教訓」です。加川良 - Wikipedia1970年作

 一見ボブディラン風?でも、歌詞に驚かされました。でも、おサカナは、他国が攻めてきたら家族の為に・・・立ち上がるだろうな!

 命はひとつ 人生は一回
    だから命を棄てないようにネ
    慌てるとつい フラフラと
    御国のためなのと 言われるとネ

 

 

 

 御国は俺達 死んだとて
   ずっと後まで残りますヨネ
   失礼しましたで 終わるだけ
   命のスペアはありませんヨネ
 

 

 

 

 命をすてて男になれと
    言われた時には震えましょうヨネ
    そうよ私は女で結構

 

 女の腐ったので構いませんよ 

 

 

 

 死んで神様と言われるよりも
    生きてバカだと言われましょうヨネ
    奇麗事ならべた時に
    この命棄てないようにネ

 

 そう言えば、子供の頃には多くの傷痍軍人さんが、この地下道にいましたね。平和ボケとは言えませんが、考えさせられる歌だなー。Pc160033
 さて、上野と言えばアメ横ですね。10数年ぶりかな。今は、年の瀬もまじかで人々があれこれ見ては忙しそうでした。現在、路上には黄色い線が引かれ、通りが広くなっており、外国語も多く聞かれました。

Pc160037

 一見風情はそのままでしたが、西郷さんのライトの様に少しずつ変わっているような。変っていないのは、降参トリオ」だけでしょうか。進歩なし!

      さー、終電車に急がなくっちゃ!fish

|

« 7:35分の日の出 | トップページ | 枯れ枝に 木の葉の雀 »

降参トリオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194720/63008057

この記事へのトラックバック一覧です: 西郷さんとイルミネーション?と降参トリオ:

« 7:35分の日の出 | トップページ | 枯れ枝に 木の葉の雀 »