« 2016年12月 | トップページ

2017年1月

2017年1月 8日 (日)

寒の入りですね。

 今宵の雨に、蠟梅が咲いていました。「夕霙(みぞれ) 雨(う)に打たれて、黄に染まる」・「寒の入り 滴(しずく)に揺れる 春の色」なーんちゃってね。
15871557_1110463752412481_6168142_2 The Chimonanthus praecox bloomed in evening of the cold.

 寒の入りです!!!
我が家の、冬の一番早い日の出です。‎2017‎年‎1‎月‎6‎日、‏‎7:16:38
「路地裏に 年に数回 有るか無し」なーんちゃってさ。
15825791_1109671999158323_327540175
 今夕は、月の右下に「火星」が・・・。月の涙でしょうか?金星はずっと右下に明るく有りますねー。
「一晩で 明星去って 火燃えるか」なーんちゃってね。
15871754_1106484996143690_458339671 The tonight is month and Martian heavenly a show of the space

 おおっ、月にえくぼ?ひと際明るく輝く金星の様。月も薄く丸いですね。
「日没に 付きつ離れず お供かな」なーんちゃってね。明日は、火星ですよ。
15826022_1105597169565806_795959824It is the Venus of the attendant of the month not to be lost. It will be Mars tomorrow.

 「朝日受け 心身ともに お清めか」なーんちゃってね。我が駅から、パチリです。

15780646_1104899179635605_274483240
Mind and body become clean together in response to the morning sun.

 正月ボケも兎に角、また歳を取るおサカナでしたfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

年賀状に想う。

遅まきながらの年賀状のお礼です。
P1040038 年賀状の切手のところのデザイン色々です。実際は、もっとあるんでしょうんね!
 P1040036_2  正月も三が日も過ぎ、年賀状もいろいろ頂きました。昨年より、少し少なめです。はがきの印刷に「胡蝶蘭」が描かれた、喪中のはがきが、多くなったせいでしょうか。そしていつでも毎回、北海道・九州の友人から届いているのを見ると、「あー、30年・40数年会っていないんだなー」と・・・。 P1040037 最近では、近場の友人達には、メールやフェイスブックにガラケーのLINEを使うので、年賀状は送らない。実際に、年賀状が書かない吾人も増えたよう。便利なSNSもそうですが、そもそも『他人に世話になる事の無い』ご時世、改めて敬意・謝意・日頃のお礼を言う必要が無いのかも!

 でも、おサカナは多分書き続けるでしょう。何故って言うと「形に残したいから」かな。たった一枚のはがきの繋がりに、あの日・あの時から始まった別々の道が、ここで根っこで繋がっている。そこに空白の時間は無いと思いたいんだなー。 だから、今年も出すよ、年賀状。
 乱筆乱文でねfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ