« 今回は、あの少年の頃の「オイラ」の歌 | トップページ | モンキーカスタム1985 その3 »

2017年7月12日 (水)

Honda GB2500H型クラブマン その三

P7100278     ウン!!!鍵が回った。やりましたよー。それにしても25年の歳月は、酷いですね!
P7100279
身から出た錆です。この三倍近くは有りました。
P7100281 コロも、ビックリです。
P7100284 キャップの固定は、シリンダー周りを下げると、ロックします。すると、キーが抜ける。
P7100282 さてと、これから洗濯洗剤アタックで洗って、出るわ!出るわ!のまた一杯です。

P7100287_4  
P7100290_2
さて、サンポールを1Lに、水18Lは薄すぎですね。今回は、3回やったので、疲れました。
P7100291_2
P7100293で、一晩漬けて置きました。これはスポンジゴムで作った、仮栓です。随分と、重宝しました。
P7100292_2 最後は中性洗剤で、酸を中和します。
P7100295 ここで、強力な助っ人の登場です。ごっついチェーンでもって、シャカシャカとシェイクです。こうすると、またまた錆が・・・。
P7110323 丸二日掛かって、錆も出払ってきました。後は、仕上げの錆止めの施工だけです。と、思いきや「トラブル」発見です。なんとタンク左先端部分から、漏れが有りました。
P7120353 P7120354
悩んだ末、ピンホールなので半田ごてでフラックスを用いて、パッチリ封印。が、その後もう1っか所を発見!これも半田でOKになりました。それにしても、ピンホールとは驚きです。
さて、今夜はこのシートカバーを作らなくっちゃ。
P7100296 段々、先が見えてきた。リアのグリスアップが終われば、火 火 火入れです。
キックなしの、セル一発。どうなるかなfish

|

« 今回は、あの少年の頃の「オイラ」の歌 | トップページ | モンキーカスタム1985 その3 »

キック一発Bike」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194720/71122331

この記事へのトラックバック一覧です: Honda GB2500H型クラブマン その三:

« 今回は、あの少年の頃の「オイラ」の歌 | トップページ | モンキーカスタム1985 その3 »