« モンキーカスタム1985 その2 | トップページ | 今回は、あの少年の頃の「オイラ」の歌 »

2017年7月 8日 (土)

Honda GB2500H型クラブマン その二

いよいよ、前輪のグリスアップにたどり着きました。ネジ、固ったいです。P7060188固いはずです。下にダブルナットで、固定してありました。
P7060189
ベアリングにシールドが有り、グリスアップの必要は無しでした。反対側もOK.
P7060191

うひょう!アルミの酸化粉が噴出していました。何とかするかなー。P7060192
ブレーキのディスクも外しました。ネジ固いです。
P7060193
 P7060194 おー、汚れたメーターワーイヤー。綺麗にしましたよ。コロもびっくりきれいにね。
P7060196
 P7060197これも汚れた、キャリパーです。磨くのに一苦労です。 ゴシゴシです。P7060198 P7060203 P7060205 Fファンだー外し、ここまで汚れていたら、もうサンダーですね。真鍮ブラシで・・・。
P7060208
 P7060210 P7060211 綺麗になりましたが、瞬く間に酸化して黒くなる。うーん、明日、シルバーを塗ろう。
 
翌日、ホイールとエンジンとウインカーなどのアルミは、オーナーさんで磨いて貰うことにして、さっさとシルバーを吹いて、その上にクリアーを塗りました。
P7070217
 P7070221 コロはダウン!!!付き合いが、悪いワンコです。P7060209P7070221_2 ブレーキフレード交換せずとも、大丈夫の様でした。全部組み立てて、ピカピカです。
P7070222
 
翌日は、オイル交換に「セル」「キャブ」「バッテリ」のセットです。分解した順に、組叩ていけばOK。
まずは、中々外れなかった、オイルキャップ。耐油の0リングゴムを2本入れて交換。
P7080246
 P7080248 P7080253  P7080255 時間が有れば、絶えずタンクの掃除。タンク内の熱での膨張と、水道水の冷却収縮を繰り返す度に、空気抜きから・・・汚いガソリンと洗浄液が出てくる。その内何時かはタンクキーが回るでしょう。
P7080252
P7080251 P7080256 こんなんは、適当にして、先を急ぎます。セルの取り付けにキャブのセット。時間掛かりましたー。なんでこんな狭い所につくったの?
P7080257
 P7080258 これは、フロントスプロケのギアーカバー。内側に音対策のゴムスポンジが貼られていました。コロも暑そうです。
P7080259
で、オイルを1.5Lほど入れて完了。ウン???コロが扇風機を独占していました。
P7080260
後は、バッテリを搭載して、エアーハッチを締めて、カバーしました。

P7080261 P7080262 最後に、プラグを交換しました。いくら何でも、これではねー。
P7080263
そんなこんなで、今日も時間です。j次回は、リヤサスです。
夕陽に照らされた、満月のお月さん。ご苦労さんですfish

|

« モンキーカスタム1985 その2 | トップページ | 今回は、あの少年の頃の「オイラ」の歌 »

キック一発Bike」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした( ´ ▽ ` )ノ次回も楽しみです。

投稿: 五十嵐 健 | 2017年7月 9日 (日) 11時32分

復活へ向けての作業工程楽しみにしています。
結局は 綺麗にならないと気が済まなくなって、
とことん綺麗にしてしまいそうですね(笑)

投稿: あすろん | 2017年7月 9日 (日) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194720/71085630

この記事へのトラックバック一覧です: Honda GB2500H型クラブマン その二:

« モンキーカスタム1985 その2 | トップページ | 今回は、あの少年の頃の「オイラ」の歌 »