« VTZ250 その17 リヤー分解1 サイドカバーシール貼り | トップページ | VTZ250 その18 キャブのバキュームについて »

2018年3月14日 (水)

VTZ250 その17 リヤー分解2

 今日は、ホイール等の磨きから始めました。せっせと、磨いたら結構きれいです。ブレーキドラムの内側もね。秘密は、4.8Vのドライバの先に割り箸嵌めて、先端にナイロンたわしにクレンザー付けて、こね回す。これ、GOODです。

あらら、車載道具が有りました!全部そろっているみたい。未使用?ラッキー。で、このプラグレンチが、後程に活躍しました。

リヤフェンダーを外すには、リヤランプセット・バッテリ・ラジエター予備タンクを取り外す。そして、電装ケーブル等のカプラを3か所ほども。

ちょっと苦戦です。フェンダーが取れました。

次は、スイングアームです。外側ボルトが30mmは、水道管用のモンキーで何とかO
K。

でもその中に、大きなヘキサゴンレンチ(六角)穴が15mmと、大きいです・・・。そんなレンチ持ってないません!!!
 そこでキック一発は、車載道具のプラグレンチを思い出しました。確か締め付けは15mm位では?さっそくチェックで、バッチリ嵌った、後は外側のレンチです。プラグ18mmなので外形は20mm?しかし、そのサイズのレンチ有りません。ウーンと唸りましたが、あっちこっちを探して21mmのボックスしかありません。しょっと嵌めてみると、いけそうです。これで、インパクトドライバーが有るので、一気に外しました。

さらに、リヤークッションの上のボルトを抜いて、スイングアームがやっと外れました。スイングアームのベアリングはペケペケでした。交換です。

この錆のひどさ・・・。ショックで、ついでに、クッション外す???ここのリンクコネクティングにはベアリングは使われていません。大丈夫なの?取り敢えず、ダンパーアローブッシュは、負荷が大きいので交換の予定です。それにしてもこのチューブどこまで綺麗に磨くかな?
因みに、チェーンは520の104リンクで、Oリングタイプでした。スプロケは45T(ゼルビス43T)。
おしりからパチリ。うおー、汚いですー。


明日からは、もっと汚れるキック一発です

|

« VTZ250 その17 リヤー分解1 サイドカバーシール貼り | トップページ | VTZ250 その18 キャブのバキュームについて »

キック一発 VTZ250 1987年製」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194720/73106530

この記事へのトラックバック一覧です: VTZ250 その17 リヤー分解2:

« VTZ250 その17 リヤー分解1 サイドカバーシール貼り | トップページ | VTZ250 その18 キャブのバキュームについて »