« VTZ250 その25 マフラー塗装 | トップページ | VTZ250 その27 フロント組み立て »

2018年4月 8日 (日)

VTZ250 その26 F・ホーク組み立て

バラしました。ボトムの色が違います。この後、シートパイプを外しました。オイル/ダストシールはペケ。

まずは、ボトムを耐熱ブラック(マフラー用)を塗る。その後、トーチで熱して見ましたが、艶が無い!で、残りのシャーシースプレーのブラックで吹きました。

オイルヌリヌリ始めます。

シートパイプです。この穴、1mm無いですよ。

ストッパー・リング有ります。忘れずに!フォーク・パイプい通して、先端のブッシュには黒いテフロンがあり、まーOKですね。
お尻から6mmボルトを取って、ボトムから外した時の写真です。

ここでボトムを被せて、お尻からキャップボルト6mmで、シート・パイプを締めて固定します。ワッシャー忘れずに!

次に、スライダーメタルとアップリング。メタルは、内側が黒色のテフロンで、こっちもOKとしました。左から、
塩ビパイプで打ち込む。うう!錆が見えていますねー。大丈夫でしょうかね。
これは、オイルシールで、表裏に注意!!!シリコンスプレーとグリスは、随所にたっぷり盛り付けました。

これも、塩ビで打ち込みます。

この時、板を当てて均等に打ちこむ。でないと、塩ビが割れますよ。打ち込み、結構大変です。

叩いた音が、硬い音になったら確認です。スナップリング溝です。

グリスたっぷりでリングを入れて、上からダストシールにグリスたっぷりで封印。
さー、サスペッションオイル注入。で、間違って100ml多く入れて・・・。前屈でオイルあふれそうです!!!液面146mmです。

オイル適量後に、スプリング(巻き数の多い方を下)を入れて・・・うん?スプリンスシートが無い。ええっ、初めっから???でも、後で購入して入れれば良いので、急ぎペーサーを入れて、キャップ押し込んで終了です。

恥ずかしいですねー。錆が・・・。
では
では

|

« VTZ250 その25 マフラー塗装 | トップページ | VTZ250 その27 フロント組み立て »

キック一発 VTZ250 1987年製」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1194720/73262687

この記事へのトラックバック一覧です: VTZ250 その26 F・ホーク組み立て:

« VTZ250 その25 マフラー塗装 | トップページ | VTZ250 その27 フロント組み立て »