キック一発Bike

2016年12月31日 (土)

モンキーZ50J 6V改 その3 今年最後の修理

 今日は大晦日。大掃除もそっちのけで、モンキーを久し振りに出して、電装の修理です。
Pc310022  ウインカースイッチアッセンブリーの交換にへッドライト取り付けネジの交換です。午後の12:30分スター。下がネットで落とした同型品。貴重品をラッキー!!!でも、滑らかなスロットルは、元の方が良いのでそのまま使う事にしました。

Pc310016  まずは、ウインカースイッチアッセンブリーを外してみます。
Pc310018 ついでに、ミラーとブレーキレバーもね。スロットルワイヤーは、そのままです。 色線が五本とも同じなので、安心しました。で、ハーネスの接続端子を外します。Pc310019 この黒いコードは、フロントブレーキランプスイッチ用です。レバーを取ってから、内側からひっこ抜くと外れました。Pc310021_2 これが外した所です。Pc310025  大方、全取っ換えで済むと思ったのですが・・・。なんと、ハーネスの端子が、オス同士です!!!っげっげ。そんな、馬鹿な???
Pc310026  そこで、現状のハーネスを利用しようとしましたが、コードの半田を取らなければ出来ないことか分かりました。結構、時間くうなー。
Pc310028  おまけにウインカーのコードが、オレンジと薄青が逆です。ここは、現状に合わせて、半田しました。間違っていたら、途中の接続端子を、差し替えれば良いんじゃないかと・・・。
Pc310031 これで、すべてOKなはずです。

Pc310032  次にライト。こちらは事前に購入したネジの交換なので、すぐに終了。

Pc310029 Pc310030

 どちらも長いネジなので、短いのに交換です。一応、ライト内の鏡面も、きれいに磨いておきました。

Pc310017 では、外した通りに、すべての組み立てです。そして、キーを差し込んでホーンが「ブーブー」と鳴り、OKです。次は、右ウインカーON。

Pc310037 Pc310036

 左ウインカーON。どちらも、大丈夫でした。

Pc310034 Pc310035

 当然、ライトもパッチでです。終了時間14:00分。およそ3時間半掛かりまして、どうにか、夕焼け前に終わりました。

Pc310038  来年は、強化クラッチの組み込みが、待っています。押しかけでエンジン掛かるので、楽しみです。

 あっ、言い忘れました。おサカナに、孫が出来ました。

  女の子で、名前はリンゴappleちゃんですfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月20日 (日)

モンキーZ50J 6V改  その2

               エアークリーナーです。Pb200173
 シールドバッテリが届きました(左)。高さ10㎝で、小さいですねー。
Pb150138
 古いバッテリの端子を、新品に半田付けしました。プラスはヒューズ用で、こんな感じ。
Pb150140
 さて、いよいよこれをバイクにセットです。当然、ゴムバンドは劣化で使えず、パンツのゴムで取り付ける。
Pb200163
 ライトヘッドの緑の電源ランプ、点灯しています。
Pb200164 ホーンOKですが、右のウインカーが点滅しっぱなし・・・。
Pb200168
 今日もお外で、クラッチチェックしてみましたが、やっぱり滑ります。ノートパソコンで、検索して調整するも、やはり滑りまくる・・・。
Pb200171
ここで、ギブアップです。
Pb200170
 目下、ネットにて強化遠心クラッチ(タケガワ)を注文中すが、メールにてこんな返事が来ました。「発送予定 : ★11/22-23頃 (+1営業日)」と!23日までに届けば良いなー。
Photo
 それに、取り敢えずプラスの貫通ドライバー用意しないと、クラッチカバー外せないかも。
こちらは、ネットにある遠心クラッチ交換の動画です。
 どうも、特殊なモンキー用「センターロックナットレンチ」が必要な見たい。さっそく、注文しなくっちゃ。ローターホルダは、手で押さえればOKかもね!
Photo_2
 フロントスプロケの確認に、カバー等を外しました。汚れてるー。灯油で綺麗に洗って、ついでに、チェーンも。
Pb200172
 スプロケの歯は、T14(右)。他の手持ちはT12・13です。
Pb200174
 現在は、3速で40kmも出ません!ネットでT16がありました。ウン、これが良いかも。しかし、強化クラッチでギアー比が違い様な事が書いてあった!!!※『(ノーマル遠心クラッチ:4枚×4箇所→16枚)(SP武川製遠心クラッチ:8枚×4箇所→32枚)』『(1次減速比が変更「18/67(3.722)→17/69(4.058)」になる為、リアスプロケット歯数を3T程小さい物に変更)』と。取り敢えず、入手するかなー。
 さて今日の仕事は、これで終了です。とでも、電装関係には進めませんねー。
Pb200169 日が短いのが、恨めしいおサカナでしたpenguin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月15日 (火)

モンキーZ50J 6V改  その1

 先日より、いよいよモンキーを引っ張りだしました。およそ、15年前のままです。
Photo_2   取り敢えず、屋外に引っ張り出してハンドルを起こしてネジ締めてみる。
Pb120103_2
 これが本来の姿です。
Monky_z50j1978_2
 さて外見は、異常なし。キックの前に、いろいろとチェックを行いました。
まずは、燃料タンクのガソリンをコーラ缶に抜きました。すると、15年も経つとコーラ色になるんですねー。タンク内には、錆など見当たらずOK.。もちろん新鮮な燃料を満タンに入れました。
Pb120111_2
 そして、プラグの点検に外して見ると、煤が付着していましたが、パチパチ・チカチカで大丈夫のよう。
 次は、オイルを交換。これが、真っ黒で異臭がひどかった。早々に、ドレンから抜き、新鮮なOILを0.8L入れました。写真のプラグのバックの黒いのが、そのオイルです。
Pb120110_2
 この時点でキックで掛かるはずです。試しにキックをするにも、クラッチが滑ってエンジン回らず。そこで、原始的な押っかけです。最高速の3段目で、プッス・プッスっと、爆破音が聞こえるが掛からない。Pb120104_3
 バッテリーを見ると液は空っぽ。当然ですが…。ジョイフルに行きましたが、6Vはありませんとの事。そこで、ネットで調べると、有りました。『【初期補充電済み】 Kung Long / WP4-6 (GP645 PE6V4.5 6M4 NP4-6 SH4.5-6 FXM4-3 LA640互換) 6V用 サイクルバッテリー シールド型 MF』。何と、950円に送料450円。安っーい!で、申し込んだのは当然です。
 ここらで、日も傾きはじめたので、家の中でキャブレターのお掃除。径20㎜。本来は16㎜ですが、ボアアップしている???ウウーン75㏄かな?で、開けてびっくり・・・。泥のようなヘドロが1・2㎜ 底に堆積していたではありませんか。
Pb120115_3
ついでに、エアー・メインジェット・フロート・ドレン等も外して、クリーンに!
Pb120116_2
当然、外見も綺麗にしました。
Pb120117_2
 翌日、タンクのコックを捻ると、あらら・・・、キャブのドレンからガソリンが漏れている。慌ててコックをOFFにして、キャブを外して開けて見たが、異常は分からずじまい。で、組み立てて、ONでまたしても漏れる。で、で、よく見ると、キャブのゴムパッキの処からも、漏れているではありませんか?仕方なく、ちょっとした厚紙でパッキンを切り取り、オイルを染み込ませる。
Pb130118_3
 また、この時点で、フロートによるオーバーフローと断定して、息を吹き吹き吹きフロートが水平に来るところに調整。で、組み込んで行き、無事に漏れなしになりました。さて、今度こそと思い、からバッテリを取り付けて、再度押し掛けです。すると10メートルも走らずに、掛かりました。動きました。アイドリングも安定しており、稼働確認車に昇格です。
Pb130123_3  ほら、ちゃんとライトが輝いています。でも、右ウインカーが点滅しっぱなし!!!
次回は、新品バッテリを取り付けて、クラッチ調整に電装かなfish

| | コメント (2) | トラックバック (0)