おサカナの独り言

2017年12月13日 (水)

木製カーポート その一 建築中

春先に、モンキーの強化クラッチをしたときは、パラソルでしたね。

そして、暑い夏場はターフを張って、その下でGB250クラブマンとYDS3も復活しました。この時期は西日が強くて流石に参りました!きついですね。

そこで、カーポートなるものを設置です。これは3mの柱に、防腐剤を塗っているところです。

上の通しの木組み。丸鋸で作りました。

奥行きが、当初の3mから7mになり、当初の倍にもなってきた!ちょっと長いですが、この際に作っちゃおうと思います。柱はメダカ君が用意してくれました。おサカナは、30*40の3mの垂木を30本と防腐剤に、補強の金具とポリカ波板に釘。予算合計3万円代の予定です。

セメントの主柱台を掘り作って、柱を立てて仮組、たすきで、徐々に修正をしてきました。

もうちょっとで、怪我・・・。波板裏の垂木打ち時に、一人で脚立に登って行い、あわや足が滑った!!!大事に至らず、メダカ君に「登るな!」と禁止令です。わたし、おサカナはコリゴリです。

土台のコンクリは、おサカナにとって初めての体験。バケツでよっこらしょ。

タスキの在る内に、T・L型の金具で柱のジョイント部分を留めました。5000円掛かった!

目下、このブログはファイルディスクが一杯で、写真掲載が出来ません!!!
で、詳細は次回にね。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月25日 (水)

パトライトをカンテラにしちゃいました

Pa240052  
縁あって?パトライト貰っちゃいました。が、フォークリフトも当然ありませんし、使い道がありません!どうしょう?

でも、一度は点灯させてみようとしたら、胴体のしたからプラスとマイナスのコードが、むき出しです。うん!これってなんボルトなの?ネットで調べたら、100v・24v・12vとありました。型式を見たら12Vでした。「なーんだ、車のバッテリーなのかー」と、納得です。
で、よく考えたらACアダプタを付ければOKだなと考え、パソコンのアダプタを探すと、サムスンモニター用が、12V4Aではありませんか。もしやと思い接続です。夜にバイクのバッテリ外しに、AC100vで結果オーライでした。
Pa240041
しかし、くるくる回ので改良です。回転モーターの配線を外して、炬燵のスイッチを配線途中に繋げて見ました。
Pa240042_2いい塩梅デス。あとはこの色ですね。そこで、プラカバーに窓を開けて見る。
Pa240047 ドリルで穴をあけて、ニッパで切って、やすりで適当に丸くする。
Pa240050 こんな感じになります。
Pa240051 百均で、プラスティックホルダーを買って来て、適当に切って、瞬間で接着です。内側からくっ付けて、外の段差はニ液のエポキシで仕上げました。
Pa250066 Pa250067 完成です。
Pa250068 足にはゴムをはかせて置いてもOK、手持ち式に針金で吊るす事も出来ます。実際には、こうなりました。コロもビックリです。
Pa250070 Pa250071 超強烈です!
Pa250072 さて、どんな時に使いましょうかね。fish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

アーチェリー 一矢一撃事始め 一か月

20728138_1326316057493915_860556637早や、弓矢を握って一か月。今回で5回目でしょうか?孫と初めて、現在一人。射場で、5・10・15m、やっと18メートルにたどり着きました。射場を一人で自由に使えるには、この距離で良い点を出して、他のメンバーの確認了解をもらわないと駄目です。360点満点で、240点以上・・・は、大きなハードルです。頑張らねば!
20729458_1326315790827275_398441780 今夏は猛暑ではなく、どちらかと言うと「冷夏」の感じです。モンキーカスタムで、風も爽やかに射場に行きましたが、昨日はとても蒸し暑く上半身びっしょりです。今日は雨で、26度前後。
 イスラム国撲滅後に、新たな脅威の北朝鮮のミサイル試験暴走。裏金の温床「ビット・コイン」に、三本の矢はどこに行った???
 おサカナも、しっかり的を射なきゃapple






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

かんたんで安いシールの作り方

メダカ君に頼まれて、「BABY IN CAR」シール作りました。

今回は、いろいろ思案して、百均でラミネーター不要のラミネートが有ることを知り、店に行ってみた。どうも、片面しか接着剤が無いみたい。そして、インクジェット対応の接着シールA4(名刺用のA4判ノーカット)を見っけ。これって、なんか出来そう。

そうしたら、出来ちゃいました。なんと百均で、シール付きのステッカーが作れました。やー、驚きです。動画にまとめましたので、ハワイに行った気分で、見てください。

如何でしょう。A4一枚が66円。これって、時代の進歩?!?
おサカナもびっくりのダイソーですfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

これは大きな問題か?些細なことか?

先日、バンパーの塗装が終わったついでに、車をキレイにしようとワックスを買ってきた。天気が良く暑い日、これ幸いと蓋を開けると・・・。斜めに傾いていました。
P5310128_3
うん、なんか変?容量3分の1???これって少ないんじゃ無い!と疑問符です。そこで総重量を量ると282.6gです。
P5310127
表記ワックスの容量は180gです。ふーん、じゃーついでにそれも量ってみるか?と言う事で、ビニール袋をい入れてみた。270.5gで、結果9.5g少ないです・・・。
P5310130 もちろんビニールの重さを差し引いてです。で、この9.5gとは、この位です。
P5310132 小さいスプーンで、大盛り。車一台分くらいでしょうか。9.5gは-5.3%に相当し、気になる際どい線だなー。そう言えば、企業の利益って大体5%位だったな。と言う事は、大げさに言えば、この分減らして儲けている。まさか???消費者を欺いているのか。
ここまで来ると、大体お分かりの様に「クレーマー」ギリギリの所。でも、おサカナは、電話しました。対応は少し淡白で、直ぐに交換となりました。

後日、プレゼントにハンドモップが一緒に入って届きました。で、やはりワックス傾いている。

P6140133 中に手紙が入っておりいろいろ丁寧な文章が、とってもそつなく印刷されていました。

P6140140

因みにこれも総重量を量ってみました。おーっ!!!これは、何だ!282.2gは、前と同じ・・・。
P6140137_2
以前とさほど変わらぬ重さですねー。
さて、はやる心を抑えて(クレーマーになちゃう)、ここはモップも来たことだし、やおらワックスを掛けることにしました。なんか、騙されたような、損した様な得した様な。大事の様で些細なことの様。
そんな梅雨の晴れ間のお話でしたfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 2日 (金)

バンパー塗装してみました 続編

昨日、バンパーの仕上げにクリヤー塗った後に雨が降った。で、今朝みたら・・・。
 上から見た時の写真です。雨跡が、くっきり真っ白になっていた。おサカナの頭も一瞬真っ白に!!!で、爪でひっかいたら白い部分が消えかかった。で、左半分はサンド1200番で研ぎ落した状態。で、爪でひっかいたら白い部分が消えかかった。で、左半分はサンド1200番で研ぎ落した状態。
P6020160
ふー、これなら、シルバーの下地が生かせるので、本塗り一回にクリヤー3回吹いて一安心です。
おーキレイになった。ヨシヨシ。P6020164その後、後ろバンパーにクリヤーを掛けようとしたら、どうしてもこうなってしまいます。仕方なくシルバーを吹くも一向に変わらずです!オカシイデス。
P6020162暫し中断して様子?を見ると、どうも日差しの影響下も???で、」分かったことは、炎天下の陽が、左上の給油ハッチに反射した反射光でした。試しに車を移動させると、きれいに塗られていました。バンパーの上は、シルバー粉末で問題なし。
P6020166これで後ろも全て完了です。
P6020163 それにしても、天候にこうも左右されるとは、思わなかった。プロはすごい。
今回の塗装中に、他車の車傷が妙に気になりよく見たら、みんなキレイじゃないですかー。修理跡が見える車なんて、見当たりません。「さすがNiponだなー」と誇らしげに思ったものの・・・。自分の適当さにもイヤ気がさして、今回は10M以上で合格としました。

P6020173

またまた、自己満足のおサカナでしたfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

バンパー塗装してみました

バンパーの塗装に挑戦してみました。まづは、パテが終わった写真です。二液樹脂パテ。
P5240075_2
P5250080_2
  P5240076_2 大きくは3か所。細かく見れば、全体です。まー、気になる所を中心に行いました。
丁寧に、サンディング。シリコンOFF吹いて次に行きます。
P5270103 P5270104 P5270105 下地の、プラサスをスプレー。その後、1000番とコンパウンドで滑らかにしておきます。当然、マスキングしました。P5290112 P5290113P5290111 シリコンOFFで、拭ってから「ぼかしスプレー」をサッと吹いて、塗装です。NH623Mのスプレー缶を、結局2本使って、バンパー全体を塗ったような。フロント左です。
P5300126 P5300127
うひょー、リヤバンパー側が、上手く色が合わない!P5300129
フロントは上手く?いった。P5300125 P5300128 クリアーを吹きましたが、薄すぎたため艶が・・・ありません。ラジコンの時は、遠慮なく二液ウレタン6本も買ったのになー。
今更焦ってもしょうがないので、後日ゆっくりクリヤーしましょうかね。
それにしても、今日は焼けたおサカナでしたfish

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

年賀状に想う。

遅まきながらの年賀状のお礼です。
P1040038 年賀状の切手のところのデザイン色々です。実際は、もっとあるんでしょうんね!
 P1040036_2  正月も三が日も過ぎ、年賀状もいろいろ頂きました。昨年より、少し少なめです。はがきの印刷に「胡蝶蘭」が描かれた、喪中のはがきが、多くなったせいでしょうか。そしていつでも毎回、北海道・九州の友人から届いているのを見ると、「あー、30年・40数年会っていないんだなー」と・・・。 P1040037 最近では、近場の友人達には、メールやフェイスブックにガラケーのLINEを使うので、年賀状は送らない。実際に、年賀状が書かない吾人も増えたよう。便利なSNSもそうですが、そもそも『他人に世話になる事の無い』ご時世、改めて敬意・謝意・日頃のお礼を言う必要が無いのかも!

 でも、おサカナは多分書き続けるでしょう。何故って言うと「形に残したいから」かな。たった一枚のはがきの繋がりに、あの日・あの時から始まった別々の道が、ここで根っこで繋がっている。そこに空白の時間は無いと思いたいんだなー。 だから、今年も出すよ、年賀状。
 乱筆乱文でねfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

YYシスターズ

 今年も、いろいろな事が有りました。なんたって、おサカナが脳内出血で、救急搬送になり驚きました。が、その後に後遺症も無く、今日に至っております。感謝です。

 また、10月には、ロクヨンにして就職です。自分の子みたいな方々と、一緒に仕事が出来るなんて、驚きでした。で、その仕事では、日々「いろはにほへと」と手取り足取り怒られて、四苦八苦の日々。でも、明るく仕事が出来るなんて、まるで夢の様で、なんて素晴らしい事だろう!

 ラジコンは、卒業したわけではありません。キチンとひっそりと、しまってあります。パソコンもポチポチいじくっております。が、最近以前から企んでいた?バイクの修理にハマった。モンキーZ50Jです。私より若いですが、御年38才!普通なら、オシャカですね。来年には、クラッチを強化にするのが楽しみです。

 そして、なんたってYYシスターズの「二人の孫」です。とうとう・・・じじ・・・いや、OOPAPAと、呼ばせています。実は、メダカ君が結婚して今年は、3人の家族が増えたのです。奥さんは「ヒマワリ」さんで、長女は「イチゴ」ちゃん。で、今月生まれたのが「リンゴ」ちゃんです。これも、感謝です。

Photo

 今、思い出しました。年初めの「初飛行会」のブービー賞。「ピンクのベイビー」!これも何かの縁だったんでしょうねー。


 そんな大晦日に、独り思いを馳せるおサカナでしたfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月14日 (水)

海の上の診療所に思う。

 おサカナには、素敵です!Photo
     学習院女子中等科・高等科『生徒作品集』より

『私は看護師の愛子。最近ようやくこの診療所にも患者さんが多く訪れるようになり、今日の診療も外が暗くなるまでかかった。先生も先に帰り、私は片付けと戸締りを任されて、一人で奥の待合室と手前の受付とを行き来していた。

 午後八時頃だろうか。私は待合室のソファーでつい居眠りをしてしまった。翌朝眩しい太陽の光で目が覚め、私は飛び起きた。急いで片付けを済ませて家に帰ろうと扉をガラッと開けると、思わず落っこちそうになった。目の前には真っ青な海が果てしなく広がっていたのだ。

 診療所は、一晩でどの位流されたのだろうか? 

 いや、町が大きな海へと姿を変えてしまったのかもしれない。助けを呼ぼうとしたが、電話もつながらない。私は途方に暮れてしまった。

 あくる朝、私は誰かが扉をたたく音で目を覚ました。扉の外には片足を怪我した真っ白なカモメが一羽、今にも潮に流されてしまいそうになって浮かんでいた。私はカモメを一生懸命に手当てした。その甲斐あってか、カモメは翌日元気に、真っ青な大空へ真っ白な羽を一杯に広げて飛び立って行ったのであった。

それから怪我をした海の生き物たちが、次々と愛子の診療所へやって来るようになった。

 私は獣医の資格は持っていないながらも、やって来た動物たちに精一杯の看護をし、時には魚の骨がひっかかって苦しんでいるペンギンを助けてやったりもした。

 愛子の名は海中に知れ渡り、私は海の生き物たちの生きる活力となっていったのである。そう。愛子の診療所は、正に海の上の診療所となったのだ。

 今日も愛子はどんどんやって来る患者を精一杯看病し、沢山の勇気と希望を与えていることだろう。』

 メルヘンティックであり、空想の中にも夢や希望が感じられる。中々の発想で、GOODですね。
     将来が楽しみですfish

| | コメント (0) | トラックバック (0)