コロの物語

2012年2月 7日 (火)

「コロの物語」ー挿入歌とおじさんの思い出

 ネットで、「コロの物語」の挿入歌を見つけました。

 ナレーションで、「連続放送劇、乾信一郎作・・・・・」と聞いて、本当にラジオで放送されたんだと、思わず実感しました。小柳徹ちゃんの歌声を聞きながら、当のおじさんを思いだしました。

 学生時代にお邪魔すると、いつもおばさんが出迎えられて、ちょっとうす暗い書斎に通されたものです。その書斎のドアーには、猫のための小さな出入り口があり、猫の部屋がありました。ですから、書斎のあちこちには、猫の置物や写真(カレンダーも)などが、所狭しと書籍の間を埋め尽くしていました。

 今考えると、不思議。そこには、犬の関係の物は一つも無く、犬のイの字もありませんでしたね。

 乾のおじさんは、すらっと背が高く男前でした。戦後のGHQが来て、NHKの番組内容まで検閲させられ、苦労話をよく聞きました。おじさんは、英語が出来たので、日本人通訳が「いい加減な通訳説明をするので、本当に困った」と、当時を懐かしんで語ってくれたものでした。敗戦国の悲しさかな、自由に物語が書けない時代、ユーモアと言う言葉に託して、何かを語っていた筈です。

 そんな会話のひと時、当時「スプラッシュ」と言うオレンジジュース?や美味しい紅茶をご馳走になり、さすが作家ともなると、飲むものも違うんだなーと思ったりしたもんです。おばさんから、「おじさんは結婚したての頃は、渋谷を方で風を切って歩いて、とてもカッコ良かったよ」、と聞いたことがあります。多分「新青年」に勤めた頃でしょうか。奥さんは、とっても綺麗な優しい方でした。

 さて、わが家の「コロの物語」マンガ編の第一集が、見当たりません!!!

Koro011 これが、表紙です。マンガは、永嶋慎二氏。、

 中学生時代から漫画家になることを決意し、新聞配達や豆腐売りの仕事をしながら漫画を描き、1952年、『さんしょのピリちゃん』で漫画家デビュー。その後、有名な『トキワ荘』に出入りするようになり手塚治虫の面識を得て、手塚のアシスタントとなった人です。

P1100271_21 でも、第2・3・4は工藤市郎氏のようです。

工藤市郎略歴:1922年(大正11年)徳島県生まれ。本名。号は素人(そじん)。1946年(昭和21年)中国より復員後、大阪で酒井七馬の主催するデッサン会に参加。代表作に『七色仮面』、『アラーの使者』等・・・がある。

 さて猫好きのおじさんが、何で犬を主人公にした話を書いたのか・・・?ネコを主人公にした「キャンデーの冒険」もあるようですが・・・。生前、そのことを聞かなかったことが、残念でもあります。ユーモアに考えると、この物語には、ネコは似合わないですよね。

 青春時代の小説、「敬天寮の君子たち」の表紙裏に「なぜ、ユーモア小説を書くのか。それは、世の中が悲しくてさびしいからにほかならない」とありました。

P2070002  これは、おサカナの父、故ナマズさんがS61年に80歳の記念に撮影した一枚。。そして、「敬天寮の君子たち」4回目(S62年)の出版に用いられた写真でもあります。

 晩年、意識も朦朧としていたおじさんを、お見舞いに行ったことがありました。そのとき時、おじさんはベッドに縛られ、その姿を目にして私は悲しく辛くて唖然としてしまいました!でも、近づいて「おじさん、おじさん、マーちゃんだよ」て言ったら、返事が返って来たのです。そして、ハッキリと

 「自分は、誰かに必要とされていなければ、生きる意味は無い・・・」

と聞き取れました。こんな、「悲しくてさびしい」言葉が、私との最後の言葉でした。思えば、いつも会っている時に、ユーモアは聞いたことが無かった。

 どこかに、この第一集がないものか、おじさんへの思い出に申し訳ない気がして・・・・。5月になったら、富士のお墓に言ってみるつもりです。勿論、おばさんもそこに眠っています。

dog

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

「コロの物語」の歌が聞きたいです!

何方か、「コロ」の歌を聞かせてくださいませんか?P1100270  2009/4/11日に、当ブログに「コロの物語を知っている人いませんか?」と書きましたら、幾人かのかたからコメントが届き、とてもうれしかったです。ありがとう御座います。 自分は、たまたま親が乾信一郎さんと親しかった関係で、このマンガをサイン入りでプレゼントされました。

P1100271_2

 あの頃は、マンガの本を買うほど家に余裕は無かった時代でしたから、私にとって唯一の本。でも、コメントをされた方は。皆さんラジオ放送で聞かれていたようです。ですから、コロの歌についてのコメントには、驚きました。それも、主題歌とは別に、「お母さんの唄」と言うのがあったそうです。で、星のつぶやきさん(http://hoshino.asablo.jp/blog/2006/09/22/533935)のブログコメントを見ましたら、全部で四つあった!!!一度、是非聞いてみたいものです。今思えば、おじさんの書斎にオープンリールや大きい再生デッキがあった!何度も出入りをしていたけれど、「コロの物語」について話したり聴いた事も全然無かったのが、残念で仕方ありません。

A 「コロの物語」ー挿入歌

 歌手:????

 作詞:小林秀雄
 作曲:小林秀雄

   お父さんは 青い雲

   いつもそっと みているよきっと

   お母さんは そよぐ風

   いつもそっと ささやくきっと

   わんコロ ワン ワン コロ コロ

   わんコロ ワン ワン コロ コロ

   ワン ワン ワン

B 「コロの物語」ーお母さんの唄

 歌手:????

 作詞:西沢実

 作曲: 小林秀雄

   夢見ていたよ お母さん

   さめりゃ 野原をわたる風

   どこかで どこかで

   僕を呼んでるなあ

C コロの物語ー主題歌

 歌手:????

 作詞:????

 作曲: ????

くーるー、くーるー、くーるー、とー、 まーわーるーーよかざぐるま
くーるー、くーるー、くーるー、とー、せーわーしーーくひがくれる
いーつになったらあーえんだろー
いーつになったらあーえんだろー
わん! わん! (間奏2小節)
(このあとの1句忘却)
でーもーさ、でーもーぼーーくさーびしかないさ、
だって(このあとの2句忘却)(グリッサンド)
(このあと1句半忘却)しんせつなーんーだー
(同じく)しんせつなーんーだー

D 「コロの物語」ー挿入歌?

 歌手:????

 作詞:????

 作曲: ????

その1
コロコロコロと みんなが呼ぶけれど
コロコロコロと 呼んでは行っちまう
ひとりぼっちで丘の上 
ひとりぼっちでないている
ワンワン
でもさ でもぼくさびしくないさ
だってこの風このにおい
どこかで花が咲いているんだ
ここにも花は咲いているんだ

その2
あの街角にもこの小道にも
今日も誰か待っている
知ってるよ わんわんわん
知ってるよ わんわんわん
ほらほらコロの コロののぞみがしあわせが

 「コロ」の声の主は小柳徹と言う、将来を期待された子役俳優さんで、コロの歌も歌っているようです。が、くしくも、わずか20歳に第三京浜で、交通事故死を遂げていました。

P1100275_2

 ともあれ、聞いてみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

忍野富士とコロのお墓参り。

P1030175  今日は、コロのお墓参りに行きました。車に酔うといけないので、年増のマックは、お留守番です。P1030122東名高速で、厚木を過ぎると、前方に富士山が見えました。良く見ると裾は曇りの様で、今日は幸先悪いなーと思いつつ、ドライヴ開始です。P1030130 でも、富士山に近づくにつれて、ご覧の様な青空になりました。ヤッホー!ここは、水ヶ塚公園からの眺めです。P1030131 同じところから、もうワンカットしたのが、カレンダーにしたくなるこれです。桜が散っていますが、子富士から延びている稜線が、実に良いですねー。P1030163 こちらは、山中湖半からの富士。富士五湖で一番標高が高い所です。どうです。左右対称で、優しい姿でしょう。ここらあたりの富士姿は、著名な日本画家が好んで選ぶ、ポイントです。P1030162 これなんかは、最も知られている、富士の勇壮ではないでしょうか。でも、お昼時なので、ちょっと霞んでしまったのが残念。因みに、日本画家が富士山を描き始めたら、その作家はそれ以上の有名にはなれないんだって言います。そう、お金儲けに手を染めたから。つまり、それだけ富士は日本一で、売り絵になり易いとも言えます。それにしても、実際の富士は、感動もんでした。こちらは、忍野八海です。富士の沸き水がとても綺麗で、中でもここはカガミの池です(黄色いおサカナ見えますか?)。P1030140ここも忍野富士として、隠れた日本画の景勝地ですが、今は随分観光化されていました。 P1030170 さて、こちらは富士霊園の中。ここには、文学を志した作家の、文学碑があり、その一角に「コロの物語」の作者が眠っています。手入れの行き届いた庭は、年間2千万円以上かけているそうですが、お隣りには[fujispeedway]があり、爆音がこだましていました。P1030168 左から2番目が、作者乾信一郎おじさんの墓で、今日はおばさんの納骨の日です。その、横右2番目に「窓ぎはのトットちゃん」がありました。さて、これで本当におじさん・おばさん・コロともお別れと思うと、不覚にも涙ぐんでしまいました。私には、三冊の「コロの物語」と我がマックが形見かな・・・・。思わず、富士山に合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

コロの物語を知っている人いませんか?

01_3 幼稚園時に読みました、「コロの物語」を、知っている人いませんか?今から 55年ほど前のNHK放送作家で、永さんの先輩にあたる乾信一郎氏の作品。荒廃した戦後の下町に、妹のチビとも生き別れになって、河川敷のバタヤのおっさんに飼われて、逞しくほのぼのと成長していく物語。20歳頃に、当時アメリカGHQ統制下で、ごり押しの民主化にご苦労が多かった事を聞かされました。今、58才。この5月に、御殿場のトットチャンの隣りのお墓に、行ってきます。今思っても、妹と生き別れになるシーンは、印象的ですね!「はい 親分」。「はい!じゃねえ。へい、親分だ!」・・・・・

| | コメント (8) | トラックバック (0)